着衣泳教室(まちできweb 2020年8月2日)

 ※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

   双葉B&G海洋センターで着衣泳教室が開催されました。
   夏になると水辺で発生する事故が多くなり、事故の大半は、衣服を着たまま落水したときに発生しています。この教室では、フィッツのみなさんの指導のもと、水難事故にあった際に命を守る方法を学びました。
   まずは、普段着を着た状態でプールに入り、歩いたり泳いだりして水の抵抗の大きさを体感し、空のペットボトルを利用してラッコのように浮かぶ練習をしました。はじめはペットボトルの使い方や浮く時の体勢に苦戦していた子どもたちも、だんだんコツを掴み、上手に浮かぶことができるようになっていました。その後、ライフジャケットを身に付けた状態でプールに入り、みんなで輪を作って助けを待つ方法を練習しました。

着衣泳教室1

服を着たままプールに入り、水の抵抗の大きさを体感しました。

着衣泳教室2
着衣泳教室3

ペットボトルを使って浮く練習です。

着衣泳教室4
着衣泳教室5

輪を作って救助を待つ練習です。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2020年08月03日

現在のページ