市長の部屋

 

生まれ、育ち、学び、働き、幸せに生きる。「生き甲斐のあるまちづくり」を目指して

 

市長の部屋

   新年度を迎え、本市は、新たな組織機構でスタートいたしました。私が公約に掲げた、防災危機管理課の体制強化や、スマート化による市民サービス向上を目指したスマートプロジェクト推進課の新設をはじめ、効率的な行政運営を図り、多様化する行政需要に対応するための組織機構となっております。

  これに伴い、市役所内の配置が一部変更となっておりますので、市民の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、ご理解をいただきますようお願いいたします。

  さて、昨年から続くコロナ禍において、市民の皆様や事業者の皆様におかれましては、1年以上の長期間にわたり、日常生活全般における様々な感染防止対策に努めていただくとともに、本市が実施する新型コロナウイルス対策の関連事業に、多大なるご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

   新型コロナウイルス感染症は、関西圏・首都圏を中心に、第4波とも言われる感染拡大が深刻化し、4都府県を対象とした3回目の緊急事態宣言が発出されました。

   山梨県内及び本市内においても、感染者が急増するとともに、感染力が強いとされる変異株の拡大も懸念される状況であります。

   そのような状況に鑑みまして、今一度、「3密の回避」、「家庭内感染の防止」、「少人数、短時間での会食」など、基本的な感染防止対策を徹底していただくため、過日、本市の感染症対策本部のメンバーを中心に、市内各地にて、感染防止の啓発活動を実施いたしました。

   感染拡大を防ぐためには、今が重要な局面と考えておりますので、5月中も啓発活動を継続してまいります。

   また、待ち望まれていた新型コロナウイルスワクチンの接種が、本市におきましても、65歳以上の皆様を対象に始まっております。

   現在、975人を対象に、1回目の接種が完了したところですが、引き続き、皆様が安心してワクチンを接種できる体制を整えるとともに、接種予約につきましても、国からのワクチン供給量が分かり次第、速やかに、混乱のないよう進めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

   市民の皆様におかれましては、大型連休を迎える中、ご自身をはじめ、ご家族や大切な方を守るため、あらためて感染防止対策の徹底に努めていただきますよう重ねてお願い申し上げます。

 

「がんばれ!やまなし!」

 

令和3年5月1日 甲斐市長 保坂 武

現在のページ