洪水時緊急避難における高速道路のり面の一時使用協定 (まちできweb 2019年9月26日)

   市役所において、市と中日本高速道路株式会社が、市民の生命の安全確保を目的に「洪水時の緊急避難における高速道路区域の一時使用に関する協定」の締結式を行いました。これにより洪水が発生し、「水害時指定緊急避難場所」への避難が間に合わない市民がいた場合、一部開放された高速道路ののり面(高速道路横の盛り土などで高くなった部分)に一時避難できるようになりました。

 ※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

洪水時緊急避難における高速道路のり面の一時使用協定
洪水時緊急避難における高速道路のり面の一時使用協定
洪水時緊急避難における高速道路のり面の一時使用協定

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年10月06日

現在のページ