水晶で出来た「やはたいぬ」が寄贈されました(まちできweb 2019年4月2日)

   富竹新田にある水谷水晶研磨工業から市に、茶水晶で出来た「やはたいぬ」が寄贈されました。水晶は高さ15.5cm、横約10cmで、同社に4代目となる水谷貴一さんが入社したことを記念し、山梨が世界に誇る高い技術を多くの人に見てもらい、後世までその技術が繋がっていくことを願って寄贈されました。
   代表の水谷貴幸さんは、「水晶は国外の製品に押されているが、県内外の人に水晶の高い加工技術を見てもらいたい。若い人たちが水晶研磨の仕事に携わってもらえたらうれしい」と話しました。やはたいぬの水晶は、市内図書館での展示が検討されています。

 ※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。 

やはたいぬ水晶贈呈

水谷水晶研磨工業様からやはたいぬ水晶をいただきました。

やはたいぬとやはたいぬ水晶

やはたいぬと記念写真です。

やはたいぬ水晶
やはたいぬ水晶証明書

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月03日

現在のページ