甲斐市・中央市・昭和町と各商工会・峡中広域シルバー人材センターが協定を締結(まちできweb 2019年3月5日)

 ※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

甲斐市・中央市・昭和町の3市町の商工会と峡中広域シルバー人材センターが「取扱い業務の連携に関する協定」を締結しました。
これは、本協定に先立ち、シルバー人材センターが甲斐市、中央市、昭和町の3市町と協定を締結した「空家等の適正な管理の推進に関する協定」に基づき、シルバー人材センターが管理することになった空き家等について、専門的な知識や技術の必要な業務があった場合に、商工会の会員企業を紹介するなど、空き家の適正な管理について相互に連携を図っていく内容です。

協定書にサインをする市長の画像
挨拶をする市長の画像

平成31年1月1日現在、市内には1,072軒の空き家が確認されていますが、個人財産であることから行政の介入が難しいケースもあります。本協定により、各市町と商工会、並びにシルバー人材センターが協力して、空き家を減らしていくこと、適正な管理などを行っていくことを目指していくものです。

記念撮影をしている画像

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ