双葉西保育園で節分の豆まき(まちできweb 2019年2月1日)

 ※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。 

双葉西保育園での節分の豆まきの様子がとても楽しかったです。

先生たちが、ペープサート(紙人形劇)で、心の鬼の話しを楽しく紹介してくれた後、子供たちも、「お肉ばっかり食べちゃう鬼」「すぐけんかしちゃう鬼」「チョコレートを食べ過ぎちゃう鬼」など、それぞれの心の中に住んでいるという「鬼」の紹介をしてくれました。

先生による紹介

その心の鬼を退治しようと、「せつぶん」や「鬼のパンツ」などの歌を元気いっぱい踊りながら歌いました。

鬼が二階から登場
小さな子ども達は泣きだした

未満児の小さな子ども達は泣きだし、年長クラスなどの大きな子ども達は大喜びです。

大きな子ども達は大笑い

そして、鬼がついに2階から降りてきます。

転ぶ鬼

途中、転ぶ鬼。子ども達はさらに大喜び。

大きな子ども達が、「鬼は外」と豆をまきながら、一生懸命鬼を追いかけます。鬼退治の始まりです。

赤鬼を追いかける
青鬼はみんなに囲まれる

ついに鬼は降参。子どもたちに「もうこわくしません」と謝りました。

最後はみんなで記念撮影です

未満児の小さな子ども達は、鬼の正体が誰かが分かったあと、少し落ち着いて記念撮影をしていました。

 
とても楽しい豆まきでした。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ