外国人向け甲斐市ちいさな旅 まちできweb版 2017年6月10日)

 海外の人たちに甲斐市の歴史や文化、見所などを知ってもらい、それを広めてもらうために「甲斐市ちいさな旅」が外国人向けに開催され、台湾やアメリカ、イギリスやフランスなど世界各国から計20人が参加しました。

 今回巡ったのは睦沢・亀沢地域。地元で取れたブドウでワインを作る敷島醸造や、武田信玄の重臣・飯富虎昌が開いた天沢寺などを見学しました。

 参加者の一人は「自分では普段来ないようなところに来ることができて嬉しい」と話し、地元の人たちが見慣れている田園風景にも感動している様子でした。

この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

外国人向け甲斐市ちいさな旅の様子の写真1

睦沢地域ふれあい館の裏にある、船形神社で亀石の説明を受ける参加者たち。

外国人向け甲斐市ちいさな旅の様子の写真2

敷島醸造ではワインとブドウジュースの試飲をしました。

外国人向け甲斐市ちいさな旅の様子の写真3

何気ない風景も珍しく見えるらしく、たくさんの写真を撮っていました。

外国人向け甲斐市ちいさな旅の様子の写真4

天沢寺では市指定文化財の山門を見学しました。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書政策課 広聴広報係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1678
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ