さくら花甲斐道づくり(茅ヶ岳東部広域農道)

桜の花を守る会では、平成27年3月から、茅ヶ岳東部広域農道沿いに市の花「サクラ」を植樹し、管理・見守り等を行っています。

平成29年に、農道の愛称が「さくら花甲斐道」に決まったことから、さくら花甲斐道づくりとして植樹や補植、施肥などの管理を行っています。

棒状肥料の打ち込み(令和4年3月30日)

平成27年に行った最初の植樹から7年目に入り、さくら花甲斐道の木もだんだんと大きくなってきています。

コロナウイルスの影響で、ここ2年間は会員全員で集まることはできていませんが、今日は役員で肥料の打ち込み作業を行いました。

順調に育ち、さくら花甲斐道が桜の名所となることを願っています。

肥料を打ち込んでいる様子

肥料の打ち込みを行いました

サクラの様子

鮮やかなピンクが目を引く「陽光」

棒状肥料の打ち込み(令和2年2月13日)

昨年同様、植樹から一定年数経過した桜70本の根元に棒状肥料の打込み作業を行いました。

茅ヶ岳東部広域農道沿いの桜の根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真
茅ヶ岳東部広域農道沿いの桜の根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真
茅ヶ岳東部広域農道沿いの桜の根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真

棒状肥料の打ち込み(平成31年2月14日)

植樹から一定年数経過した桜71本の根元に棒状肥料の打込み作業を行いました。

甲斐敷島梅の里クラインガルテンクラブハウスの庭の桜の根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真
茅ヶ岳東部広域農道沿いの桜の根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真
サクラの根元に棒状肥料を打ち込んでいる写真

氏名にさくら(桜)の付く児童生徒と植樹(平成30年3月29日)

平成30年桜の花を守る会総会の会員の集合写真

平成30年3月29日には、新たに加入した会員も含め、氏名に「さくら(桜)」の付く甲斐市立小中学校の児童生徒53名とともに桜85本を植樹しました。

植樹した桜の根元には、記念として植樹者名が入ったプレートをさしました。

さくらさん植樹1回目を参加した人たちの記念撮影
さくらさん植樹2回目を参加した人たちの記念撮影
植樹作業

さくら花甲斐道の植樹図

さくら花甲斐道の植樹図

この記事に関するお問い合わせ先

都市計画課 緑化推進係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1669
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2022年03月31日

現在のページ