上手に利用しましょう!ジェネリック医薬品

 甲斐市の国民健康保険の運営状況は、景気の低迷により国民健康保険税収入が伸び悩んでいる一方で、急速な高齢化や医療技術の高度化などにより、医療費が年々増加傾向にあります。

 このため、市では医療費の自己負担額の軽減や国民健康保険財政の健全化にもつながるジェネリック医薬品の利用促進に取り組んでいます。

ジェネリック医薬品のお問い合わせ(Q&A)

Q ジェネリック医薬品ってなに?

A 先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される医薬品のことで、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果を持つ後発医薬品です。

 ジェネリック医薬品が先発医薬品と同じ品質、効能・効果、安全性を持っているか国が審査し、承認していますので安心して服用することができます。

Q なぜ安いのですか?

A 新薬(先発医薬品)の開発には多額の費用が必要といわれていて、開発費等にかかるコストが薬の費用に反映されています。一方、ジェネリック医薬品は有効性や安全性が既に確認されている有効成分を利用するため、開発費等が抑えられることにより、先発医薬品より価格を安く設定することができます。

 ただし、薬自体の単価は下がっても、自己負担額が先発医薬品とあまり変わらない場合もありますので、自己負担額についてはかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

Q どんな種類がありますか?

A 高血圧や高脂血症、糖尿病、花粉症など、さまざまな病気や症状に対応するジェネリック医薬品が出ています。一つの先発医薬品に対し、複数のジェネリック医薬品が出ていることもあります。

Q どうすれば利用できますか?

A ジェネリック医薬品は、医師による処方が必要な医薬品です。ジェネリック医薬品への変更を希望される場合は、かかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。

 ただし、すべての先発医薬品に対して、ジェネリック医薬品があるわけではありません。

ジェネリック医薬品差額通知書をお送りします

 甲斐市では医療費適正化事業の一環として、ジェネリック医薬品へ切り替えることで医薬品の負担額がある程度低くなる人に対して、先発医薬品からジェネリック医薬品へ切り替えた場合の差額等をお知らせするため、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を送付します。

 このお知らせはジェネリック医薬品への変更を強要するものではありません。

 平成29年度は各偶数月の年6回、送付します。

ジェネリック医薬品のお問い合わせ

ジェネリック医薬品の品質、有効性、安全性等に関するお問い合わせ

独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」医薬品相談

電話 03-3506-9457

受付時間 月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9時から17時

この記事に関するお問い合わせ先

保険課 国民健康保険給付係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1665
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ