入院や高額な外来診療を受診するとき

 窓口負担額(2割から3割)が月額の自己負担限度額を超える場合は、いったん医療費を全額支払っていただき、高額療養費の申請により超えた分の払い戻しをしています。

 しかし、高額な診療を受けたとき、「限度額適用認定証」を提示することで、医療機関ごとの窓口での支払いが一定の金額(自己負担限度額)で済むことがあります。

 また、保険薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取り扱いとなります。

 ただし、同月内に複数の医療機関を受診された場合は医療機関ごとに計算、薬局は処方元となる医療機関ごと計算、同じ医療機関であっても入院と外来、医科と歯科はそれぞれの区分ごとに計算となりますので、ご注意ください。

限度額適用認定証の申請について

 限度額適用認定証の交付を受ける場合は、市役所窓口での申請が必要です。

 なお、国民健康保険税に未納がある場合や所得の申告がない場合は、交付できないことがあります。

また、70~74歳で「一般」「現役並み所得者3」の人は、「高齢受給者証」を提示することで限度額適用認定証と同様の給付が受けられます。所得区分については、こちら(PDF:2.1MB)をご覧ください。限度額適用認定証等の交付対象かどうか分からない場合は、事前にお電話でお問い合わせください。

限度額適用認定証等の交付対象となる人
交付対象者 認定証種別
70歳未満で住民税非課税世帯以外の人
70~74歳で現役並み所得者1及び2の人
限度額適用認定証
70歳未満で住民税非課税世帯の人
70~74歳で住民税非課税世帯の人
限度額適用・
標準負担額減額認定証
70~74歳で「一般」「現役並み所得者3」の人 不要

必要なもの

対象となる人の保険証、マイナンバーがわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑

申請窓口

保険課、敷島・双葉支所市民地域課  

この記事に関するお問い合わせ先

保険課 国民健康保険給付係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1665
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2021年05月24日

現在のページ