妊婦健康診査

更新日:2021年03月25日

妊婦健診(定期健診)は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかを診るためのものです。無事に出産を迎えるために必ず妊婦健診を受けましょう。市では妊婦健診(14回)の費用の一部を助成しています。

助成対象者

・甲斐市に住民票がある妊婦

助成方法

・妊娠届出時に下記の受診票を配布します  ※令和3年4月1日より

妊婦一般健康診査受診票:基本健診14回分

妊婦一般健康診査受診票:追加検査1(HTLV-1抗体検査とその他の検査:追加検査1)

妊婦一般健康診査受診票:追加検査2(性器クラミジア検査)

妊婦一般健康診査受診票:追加検査3(血糖検査)

妊婦一般健康診査受診票:追加検査4(血算検査)

妊婦一般健康診査受診票:追加検査5(B群溶血性連鎖球菌)

妊婦一般健康診査受診票:追加検査6(血算検査)

 

※この受診票は、山梨県内の医療機関・助産所にてご利用ください。

※里帰り先での受診の場合は、里帰りにおける妊婦健診費の助成についてをご覧ください。

転出された場合、甲斐市で発行した受診票は使用できなくなります。転出先で未使用の

  受診票を差し替えてもらってください。

◆◆◆◆◆◆◆令和3年3月12日までに妊娠届け出をされた方について◆◆◆◆◆◆◆◆◆

現在、お手元にある妊婦健康診査受診票の使用期間は、令和3年3月31日までとなります。令和3年4月1日以降に妊婦一般健康診査を受ける際は、後日郵送した新妊婦一般健康診査受診票を、同封の「令和3年4月1日以降の注意事項」を熟読の上でお使いください。

助成金額

基本健診14回分 1回につき 上限6,000円

追加検査1 上限8,000円

追加検査2 上限1,000円

追加検査3 上限1,000円

追加検査4 上限1,000円

追加検査5 上限1,750円

追加検査6 上限1,000円

 

※公費負担額を超える差額分については、受診者負担となります

※公費負担額が上限に満たない場合は、支払相当額となります

里帰りにおける妊婦一般健康診査費助成について

里帰りのため県外にて妊婦健診を受診する人は、受診票の回数分の償還払いができます

 

対象となる妊婦健診

・県外で受診した妊婦健診

保険対象外のもの

 

助成内容

基本健診14回分 1回につき 上限6,000円

追加検査1 上限8,000円

追加検査2 上限1,000円

追加検査3 上限1,000円

追加検査4 上限1,000円

追加検査5 上限1,750円

追加検査6 上限1,000円

 

※公費負担額を超える差額分については、受診者負担となります。

※公費負担額が上限に満たない場合は支払相当額となります。

 

申請方法

次の書類を添えて、甲斐市長あてに申請してください

1. 申請書

2. 受診した医療機関の領収書の写し(診療明細があれば明細書の写し)

    4月以降に使用する新しい妊婦一般健康診査受診票から健診結果の記載が必要です。

    3月までに使用する旧妊婦一般健康診査受診票には健診結果の記載は必要ありません。

3. 健診結果が記載してある妊婦一般健康診査受診票

4. 母子手帳

5. 通帳等

6. 印鑑

※振込先がゆうちょ銀行の方は支店番号を確認させていただきます

※支店番号がないと振込ができません

※振込先は妊婦本人名義に限ります

 

 

申請期間

出産した日の年度内(年度末に出産予定の方は、ご相談ください)

 

申請窓口

健康増進課、敷島支所市民地域課、双葉支所市民地域課

 

 

◎下記リンクの注意事項等を参照しながら、甲斐市妊婦一般健康診査助成金支給申請書を記入し、各申請窓口に申請してください

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1694