天狗沢瓦窯跡

天狗沢瓦窯跡の写真

 昭和61年(1986年)の春、天狗沢字北川で完形に近い鐙瓦が発見され、これをきっかけに昭和62年、63年に発掘調査が実施されました。その結果、県内では最古に属する7世紀後半、白鳳時代の登窯跡3基が発見され、瓦や須恵器と呼ばれる土器などを生産した窯であることがわかりました。

 この時代、地方では役所か寺院にしか瓦は葺かれていなかったことから、敷島を中心とする甲府盆地西部に有力豪族が関係した古代寺院などの存在が推測されます。

(平成1年7月19日県指定 史跡)    

所在地

甲斐市天狗沢290-1外

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習文化課 文化財係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1697
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ