船形神社の石鳥居

船形神社の石鳥居の写真

『甲斐国志』によると、古来釜無側沿いに崩壊した古墳があり、そこに諏訪神社がありました。
 崩れた古墳の石室が舟のように見えたことからその通称は「船形神社」といわれ、石鳥居は応永4年(1397)に建立されたものです。 
 度重なる洪水のため江戸時代に神社は現在地に移動し、鳥居もこの時代に移されたといわれています。

  (昭和34年2月9日県指定 (建造物))    

所在地

甲斐市志田1(諏訪神社)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習文化課 文化財係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1697
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ