2019キオカック市友好交流訪米団 活動報告(8月13日)

活動報告 8月9日(金曜日)

今日はキオカックで一日を過ごす最後の日となりました。

こちらに来てから9日間ずっと天気が良く、毎日活動的に過ごすことが出来ました。
今日も晴天の中、郊外の農場へ出かけました。
ここは、広大な土地にアイオワ州特産のトウモロコシと大豆を育てている農場で、個人で経営しているとの事でした。
種まき、収穫、乾燥などに使用する機械は、日本では見たこともない程大きな機械でした。
アメリカの大きさを知る素晴らしい機会となりました。

農場1
農場2
農場3

マクドナルドでランチを食べた後、カヤックをしに湖に行きました。
カヤックやボートに乗るととても気持ちが良く、また水遊びも涼しく時間を忘れて遊びました。

ボート1
ボート2

夕方からは、いよいよさよならパーティーが開かれました。
それぞれのホストファミリーと団員が一緒に記念写真を撮りました、みんなの充実した笑顔が、この9日間がどれだけ素晴らしい体験だったかを表している様に感じました。

キオカックの皆さんとの別れの時が近い事を実感し、寂しい気持ちになりましたが、それぞれのホストファミリーに感謝の気持ちを伝える為、団員一人ひとりがスピーチをしました。
団員もホストファミリーもお互いに笑ったり泣いたりしながら、心暖まるセレモニーとなりました。
ホストファミリーが用意してくれた夕食を食べた後は、みんなでプールに入りました。
プールサイドには、DJも来てくれ、アメリカらしい賑やかで素敵なパーティーでした。

プール1
プール2
さよならパーティ1
さよならパーティ2

明日は朝キオカックを出発し、帰国の為にシカゴへ向かいます。

活動報告 8月10日(土曜日)

いよいよキオカック市を離れる日となりました。

最後はみんな別れを惜しみながらあいさつを交わし、ホストファミリーとハグをしました。

そして来年は甲斐市で会うことを約束しました。

9日間のキオカック市での生活を振り返ると初めは不安でいっぱいだった団員も、最後は帰りたくないと思うほど楽しく充実した毎日を送ることができました。

キオカック市の皆さんに心から感謝し、また必ず会えることを期待してお別れしました。

キオカック見送り1
見送り5
キオカック見送り2
キオカック見送り3

活動報告 8月11日(日曜日)・12日(月曜日)

シカゴで一泊し、11日の早朝にシカゴ空港からダラス経由で成田空港へ出発しました。

乗り換えもあり長いフライトでしたが、楽しかったキオカック市での生活を思い出しながら充実した気持ちで過ごしていました。

市役所に到着すると出迎えてくれた保護者を見て笑顔が出て、久しぶりの家族との再会に興奮気味に話をする姿がみられました。甲斐国際交流協会のみなさんも出迎えて頂き、到着式を行った後、解散しました。

2週間のアメリカにおける生活は、団員達を大きく成長させてくれたことと思います。この素晴らしい経験を今後に活かすとともに、キオカック市との親交がさらに深まることを期待します。

シカゴ空港
成田空港
成田集合
到着式

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1661
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年08月13日

現在のページ