市長の部屋

 

生まれ、育ち、学び、働き、幸せに生きる。「生き甲斐のあるまちづくり」を目指して

 

市長の部屋トップ画

   朝夕の風がめっきり涼しくなり、秋の深まりを感じることが増えてまいりました。

   9月12日まで続いた新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の指定が解除され、はや1ヶ月が経過いたしましたが、全国の感染者数は減少傾向が続き、本市におきましても、感染者数がゼロとなる日が増え、ひとまず安堵しているところであります。

   これもひとえに、市民の皆様一人ひとりが新型コロナウイルス感染症拡大に対する危機感を共有し、基本的な感染防止対策にご協力いただきましたおかげであり、心から感謝申し上げます。

   さて、感染症対策の大きな柱となるワクチン接種でありますが、本市におきましては順調に進んでおり、現在は、12歳以上の希望する全ての皆様への接種が可能な状況となっております。

   このワクチン接種につきましては、新型コロナウイルス感染症の発症を抑える効果や、重症化を防ぐ効果が認められております。

   現在、新型コロナウイルスの流行は小康状態が続いておりますが、この冬にも感染拡大の第6波が懸念されており、また、ワクチン接種から、免疫が得られるまでには、一定の期間が必要とされております。

   ワクチン接種はあくまで、皆様の状況に応じて任意で行うものでありますが、感染が再拡大する前の接種について、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

   次に、感染防止対策との両輪であります経済対策につきましては、これまでもプレミアム付き商品券の販売の他、中小企業や医療機関への支援など、市民の皆様が新型コロナウイルスによる消費低迷に負けないよう様々な施策を展開して参りましたが、新たな支援策として、まん延防止等重点措置の指定等により、経済的な影響を受けた市内飲食店等の事業者の皆様に応援金を交付いたします。

   この応援金につきましては、山梨県からの要請に応じて休業等を行った際に、県から交付される休業等要請交付金に上乗せする形で、本市が「安心甲斐・市民支援事業」の一環として、独自に交付するものであります。

   本市では今後も、安全・安心な市民生活を守る施策を実施して参りますので、市民の皆様におかれましては、引き続きマスクの着用や手洗い、密を避ける等の基本的な感染防止対策を継続していただきますようお願い申し上げます。

 

令和3年10月14日 甲斐市長 保坂 武

現在のページ