(令和2年4月21日公開)保育の必要性の認定について

育児休業取得期間の延長に伴う対応について

甲斐市では、令和2年4月入園の申込みにおいて、育児休業からの職場復帰日を5月22日までとして運営しておりますが、緊急事態宣言による登園自粛、臨時休園により、やむをえず育児休業を延長した場合(就労先からの要請、保護者希望など)については、特例として職場復帰日を8月31日(ならし保育期間含む)まで延長可として取り扱いします(4月20日時点)。

育児休業取得期間の延期による5月22日(元々の復職期限)までのお手続きは緊急事態宣言を考慮し不要としますが、職場復帰後1ヶ月以内もしくは8月末までに復帰日が確認できる在職証明書を保育係にご提出ください。

なお、8月末までの登園自粛により退園となることはありませんが、保育園等で園児受入れの準備がありますので、登園開始日や慣らし保育の日程等、決まり次第、保育園等にお早めにお伝えください。

(今後の感染拡大の状況や国等の方針により、職場復帰期限が更に延長される可能性があります。詳細が決まり次第、随時ホームページでお知らせします。)

※育児休業給付金につきましては、在職中の事業所を管轄するハローワークにお問い合わせください。

なお、事業者の皆さまにおかれましても、本件について趣旨をご理解の上、ご協力いただけますようよろしくお願いいたします。
 

求職活動期間満了に伴う対応について

保育の必要性の認定が求職活動の場合、原則3ヶ月間の認定(4月入園の場合は6月末まで)となりますが、企業の採用活動の休止や登園自粛等の影響を考慮し、手続き不要で8月末まで求職活動の再認定を行います。

なお、就労が決まった場合は、各月の20日までに在職証明書を保育係に提出いただければ、翌月から就労の認定となります。

また、9月以降も求職活動を続ける場合は、8月20日までに保育係でお手続きをお願いします。

これは、7月末までに新型コロナウイルス感染症対策による登園自粛等が落ち着き、8月1日から求職活動を行うことを前提としておりますので、3ヶ月間の認定期間は10月末までとなります。対象者には7月下旬〜8月上旬に期間満了のお知らせを郵送致しますので、お手続きをお願いします。

皆さんのご理解、ご協力に改めて感謝するとともに、市民と行政が一体となり、共にこの危機を乗り越えましょう。

更新日:2020年04月21日

現在のページ
  • ホーム
  • 申請書
  • (令和2年4月21日公開)保育の必要性の認定について