高校生等医療費助成金制度

~平成29年9月診療分より~
『入院費及び入院時食事療養費標準負担額』の医療費助成が始まります!!

目的

高校生等の保護者の経済的負担の軽減を図り、高校生等の健全な育成に寄与することを目的とする。

対象者

高校生等(満15歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)

医療費助成を受けることができる者

高校生等の保護者で甲斐市に住所を有する者

ただし、高校生等が次のいずれかに該当する場合は、助成が受けられません。

  1. 生活保護受給者
  2. 児童養護施設等入所者
  3. 重度心身障がい者医療費助成金受給資格者証をお持ちの人
  4. ひとり親家庭医療費助成金受給資格者証をお持ちの人
  5. 就職し、保護者の扶養から外れた人
  6. 婚姻している人

1 ~4の方は、他の制度で医療費助成が受けられるため、対象から除きます。

助成方法

償還払いにて助成(受給者証は発行しません)

「償還払い」とは、医療機関等でいったん医療費を支払った後、市へ請求する方法です。

助成内容

  • 保険適用内の入院費(高額療養費・附加給付金は除く)
  • 入院時食事療養費標準負担額

対象外

  • 保険適用外費用(文書料、健康診断、予防接種等)
  • 学校内でのケガ等による入院で、日本スポーツ振興センター災害共済給付金の給付を受ける場合
  • 交通事故など第3者行為に該当する場合

申請方法

  • 医療機関等を受診した際、いったん医療費の自己負担分を支払った後、翌月の10日から2年以内に月単位でまとめて申請をしてください。
  • 必要に応じて、その他書類の添付をお願いする場合があります。詳細はお問い合わせください。
  • 原則として、申請月の翌月末に指定した口座に助成額を振り込みます。
  • 自己負担額が月額21,000円を超える場合は、加入する健康保険へ高額療養費、附加給付の照会をしますので、お支払いの時期が遅くなります。
  • 高額療養費、附加給付金の対象となりますと、健康保険から支給がありますので、自己負担額から高額療養費、附加給付金を除いた額を振り込みます。

対象となった高額療養費、附加給付金の請求については、加入している健康保険にお問い合わせください。

申請に必要なもの

  • 高校生等医療費助成金請求書(別記様式)
  • 領収書(原本)
  • 高校生等が加入している健康保険証の写し
  • 保護者名義の通帳(ゆうちょ銀行を指定する場合は、通帳見開き1ページ目のコピーを提出してください。)

自己負担額が月額21,000円を超える場合は、ご加入の健康保険へ高額療養費、付加給付の照会をします。委任状の提出が必要となるため、印鑑をお持ちください。

申請窓口

  • 竜王庁舎 子育て支援課 児童係(新館1階 13番窓口)
  • 敷島支所 市民地域課 福祉健康係(3番窓口)
  • 双葉支所 市民地域課 福祉健康係(3番窓口)  

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課 児童係

〒400-0192
山梨県甲斐市篠原2610
電話:055-278-1692
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年04月01日

現在のページ