本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

【知事選】平成31年1月27日(日)は山梨県知事選挙の投票日です

2018年12月19日

山梨県の未来を決める大切な選挙です。忘れずに投票しましょう。

少子高齢化の時代を迎え、若い世代の声は非常に重要になっています。5年後、10年後が良い未来になるよう、しっかり思表をしましょう。

☆小さなお子様や小中学生など18歳未満の方も一緒に投票所に入ることができます。政治への参加意識、社会への関心を高めるためにも、ぜひご家族そろって投票所へお越しください。
 

◆投票日時

 平成31年1月27日(日)の投票時間は午前7時から午後8時(※第14.15.16投票所は午後7時)までです。

 

◆当日投票所

 甲斐市内に投票所は21か所あります。投票所入場券に書いてある投票所名をよく確かめてから出かけましょう。投票所の場所は、山梨県知事選挙チラシを参照してください。

山梨県知事選挙チラシ(投票所地図)(850KB)

 

◆投票所入場券

 投票所入場券は、平成31年1月15日(火)頃までに、ハガキで郵送されますので、投票の際に持参してください。1枚の圧着ハガキに同一世帯6人までを記載しています。ゆっくり開いたあと、ミシン目にそってご自身の分を切り取ってお持ちください。

★紛失した人、届いていない人でも甲斐市の選挙人名簿に登録されていれば投票できます。本人確認のため免許証等の提示や生年月日等をたずねる場合がありますので、ご了承ください。

 

◆期日前投票について

 投票日当日にレジャーや買い物、仕事など何らかの用事で投票所に行けない人は期日前投票をご利用ください。

 期 間

 平成31年1月11日(金)から1月26日(土)まで 毎日午前830分から午後8時まで

 場 所

 甲斐市役所本館3階庁議室

 甲斐市役所敷島庁舎会議室1

 甲斐市役所双葉庁舎1階会議室

※期日前投票は、3施設のどちらでも投票できます。投票所入場券(ハガキ)が届いた人は持参してください。 

※期日前投票の際は「期日前投票宣誓書」の提出が必要です。「期日前投票宣誓書」は投票所にも備え付けてありますが、投票所入場券の裏面にも期日前投票の宣誓書がありますので、ご利用ください。

ダウンロードする場合はこちら →期日前投票宣誓書(149KB) 

                      【記入例】期日前投票宣誓書(184KB)

 

◆投票できる人

 甲斐市で投票できる人は、次の要件を満たし、甲斐市の選挙人名簿に登録されている人です。

 平成13年1月28日までに生まれた満18歳以上の日本国民で、平成30年10月9日以前から引き続き、甲斐の住民基本台帳に登録されている人です。

甲斐市へ転入した人

 平成30年10月10日以降に甲斐市に転入の届出をした人は、甲斐市の選挙人名簿に登録されていないため、投票することができません。前住所地が山梨県内の市町村であれば、前住所地で投票することになりますが、投票する際に、市長村長が発行した「引き続き山梨県内に住所を有する証明書」※1の提示、又は「引き続き山梨県内に住所を有することの確認」※2を受ける必要があります。詳しくは、前住所地の選挙管理委員会へお問い合わせください。

甲斐市から転出した人

 平成30年9月10日までに市外へ転出した人は、甲斐市では投票できません。平成30年9月11日以降に山梨県内の他市町村に住所を移した人は、他の市町村の選挙人名簿に登録された人を除き、甲斐市で投票できますが、投票する際に、市長村長が発行した「引き続き山梨県内に住所を有する証明書」※1の提示、又は「引き続き山梨県内に住所を有することの確認」※2を受ける必要があります。なお、投票所(期日前投票所)受付で「引き続き山梨県内に住所を有することの確認」には、時間を要する場合があるので、「引き続き山梨県内に住所を有する証明書」の持参をお勧めいたします。なお、山梨県外転出した人は、投票できません。

※1「引き続き山梨県内に住所を有する証明書」は、県内市町村役場の開庁時間内に住民登録等を行う窓口へ申請すると、無料で交付を受けることができます。

※2「引き続き山梨県内に住所を有することの確認」は、住民基本台帳法の規定により、地方公共団体情報システム機構から提供を受けた機構保存本人確認情報に基づき、引き続き山梨県の区域内に住所を有するかを確認するものです。

甲斐市内で転居した人

 平成30年12月17日までに住所異動の届出をした人は、新住所地の投票所で投票することができます。ただし、平成30年1218日以降に住所異動の届出をした人は、前住所地の投票所で投票することになりますので、ご注意ください。 

 

◆不在者投票

滞在地での不在者投票

 長期出張や学業などで遠隔地に滞在している場合、その滞在地の選挙管理委員会が指定する場所で不在者投票を行うことができます。 

 甲斐市選挙管理委員会へ「不在者投票宣誓書(兼請求書)」を郵送してください。選挙人名簿等の確認後、投票用紙や不在者投票用封筒などを請求者の滞在地へ郵送します。これを滞在地の選挙管理委員会に持参して投票してください。

 この滞在地投票については、投票用紙を郵送でやり取りする必要がありますので、できるだけ早く請求書を甲斐市選挙管理員会に郵送してください

 「不在者投票宣誓書(兼請求書)」はこちら → 不在者投票宣誓書(兼請求書)(151KB) 

                                【記載例】不在者投票宣誓書(兼請求書)(175KB)

施設等での不在者投票

 病院や老人ホーム等に入院、入所中の方はその施設が「不在者投票施設」に認定されていれば、その病院・施設等で不在者投票ができます。

郵便等による不在者投票

 身体障害者手帳(両下肢や体幹の障がいの程度が1級または2級、内臓機能障がいについては1級または3級)や、戦傷病者手帳の交付を受けている人のほか、介護保険法上の要介護者(被保険者証の交付を受けている人)で要介護5の人は、郵便等による不在者投票ができます。また、郵便等による不在者投票における代理記載制度もあります。事前の手続きが必要となりますので、詳しくは、甲斐市選挙管理委員会へお問い合わせください。  

 

◆点字投票

 目の不自由な人は、投票所で係員にお申し出ください。点字で投票することができます。


◆代理投票

 病気やけがなどにより自分で字が書けない人は、投票所で係員にお申し出ください。

 なお、付添人の代筆や、特定の候補者に投票するよう干渉する行為は、法律で禁止されています。

 

◆インターネット選挙運動について

 有権者は、候補者や政党の考えや政策をいつでも、どこでも知ることができます。インターネット(電子メールを除く)SNS(LINE、フェイスブック、ツイッター等)で候補者や政党を応援できます。

 なお、インターネットによる投票はできません。

 詳しくは、総務省のホームページの「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。

 

 

■問い合わせは……

〒400-0192

山梨県甲斐市篠原2610

甲斐市選挙管理委員会事務局(甲斐市役所総務部総務課内)

TEL 055(278)1661