本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

不妊治療費の助成について

2016年4月1日

 甲斐市では、不妊治療のうち、保険外診療である特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)については、1回の治療費が高額で経済的負担が重いため、その軽減を図ることを目的とし、費用の一部を助成しています。平成28年度から対象者や申請回数の変更に伴い、申請書や証明書の書式も変更しました。

対象者

   1.夫婦が甲斐市に1年以上継続して住所を有していること。

   2.法律上の婚姻をしており、特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極め

   て少ないと医師に診断された夫婦であること。

   3.夫婦の所得合計額が730万円未満であること。

   4.夫婦ともに医療保険(国保・社保等)に加入していること。

   5.夫婦ともに市税(市民税・固定資産税・国保税・軽自動車税等)をすべて収めていること。

   6.治療が終了して1年以内の申請であること。

   7.初めて助成を受ける際の治療開始時における妻の年齢が43歳未満であること。

対象となる治療

体外受精又は顕微授精

助成額

   1回の治療につき10万円を限度とし、初めて助成を受ける際の治療開始開始時における妻の年齢が40歳未満の者は通算6回まで、同40歳以上43歳未満の者は通算3回まで助成をします。

 

必要書類

   H28 ~新様式 甲斐市不妊治療費助成金交付申請書 .pdf(97KB)

       H28~新様式 甲斐市不妊治療費助成金受診等証明書.pdf(118KB)

   ・領収書(コピー可)

   ・保険証の写し(夫婦2人分)

※申請書・証明書の書式はしばらくの間は旧様式でも受け付けできますが、新たに申請される場合には切り替えのご協力をお願いします。
※なお、市で所有するデータで対象であると確認できない場合は、別途必要書類を提出していただきます。
 

確認事項

   ・不妊治療助成受診等証明書(様式第2号)に記載してある領収金額と添付の領収書の合計金額が同じ

   であることを確認してください。

   ・申請後に、ご連絡する場合がありますので電話番号を必ず記入してください。

   ・領収書、保険証のみコピー可。

  

    ※なお、申請の際に書類等確認させていただくため、少し時間がかかる場合があります。

 

★平成28年4月1日から新制度へ移行のお知らせ★

国の意向や山梨県の「不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」の制度変更に基づき、平成28年4月1日から助成内容を以下のように移行しました。

 

現行制度

(~平成28年3月31日)

新制度

(平成28年4月1日~)

対象年齢

制限なし

43歳未満

年間助成回数

年間2回

(初年度3回)

限度なし

通算助成回数

 

通算10回

初めて助成を受ける際の治療開始年齢が

☆39歳以下          通算6回

☆40歳以上43歳未満   通算3回

通算助成期間

通算5年

限度なし

※新制度では、43歳になってから開始された治療については助成の対象外となります。

 

ADOBE Readerのダウンロードへ

当ページのファイルはPDF形式になっています。
ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロードへ
 

お問い合わせ

健康増進課
電話:055-278-1694