本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

甲斐市地域おこし協力隊活動報告(1月)

2018年2月9日

 

1月16日(火) 「農家民宿」してみませんか。

 

こんにちは。地域おこし協力隊員の岡﨑です。
あっという間に年が変わり、2018年となりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、メイン事業であるサツマイモ栽培がひと段落して、現在は赤坂トマトの栽培支援やセミナー参加等を行っています。
今回はセミナーで習ったことで興味深かったことの一つ「農家民宿」について紹介したいと思います。

 

※以下、1月15日(月)開催「平成29年度都市農村交流セミナー」資料を参照。

 

農家民宿について

農家民宿は、「民宿」と付くとおり民宿施設の一種で、宿泊業として、飲食の提供を行う飲食店営業等として、消費者保護の立場から業法にのっとった営業をする必要があります。

 

 

関連法規と規制緩和について

そのような中、農家が営む農家民宿で都市と農村の交流を行う場合については、一定の条件を満たした場合について各種の規制緩和策が受けられるようになりました。
関連法規としては、建築基準法、旅館業法、消防法、食品衛生法、道路運送法、旅行業法が挙げられ、下記図のような規制緩和を受けられます(1.全国における規制緩和以降は各都道府県による)。

 

 

kiseikanwa.png

 出典:農林水産省

 

 

農家民宿はそもそも農業の副業から発展したもの。

今までやってこられなかった農家の方々やこれから農業を始めようとされている方々も、規制が緩和されているこの機会に農家民宿始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

1月24日(水) 市民農園募集中!

 

こんにちは。地域おこし協力隊員の岡﨑です。
先日は今季初めての雪が降り、最低気温も氷点下の日々が続いており、山梨の冬の厳しさを体感しています。
皆さまはいかがおすごしでしょうか。

 

さて、農閑期となって農作業をしていないので春が待ち遠しい今日この頃ですが、
この春から新しく市民農園が開園されます。

 

場所はいつも協力隊の活動でお世話になっている甲斐敷島梅の里クラインガルテン
今回はそのポスター作製をさせていただきました。

 

市民農園からは甲斐市内を眺望でき、左側には富士山を望むこともできます。
給水施設や駐車場、休憩施設もありますので休日に利用するにはちょうど良いかもしれません。

 

この春から一緒に土に触れ、作物を収穫する喜びを感じませんか。

【問合せ先】

農事組合法人ゆうのう敷島
055-267-0831
(毎月曜日 定休日)
http://youknowsksm.com/

poster.png

 

お問い合わせ

農林振興課
電話:055-278-1707