本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

【注意喚起】甲斐市消費生活センター便りNO.2

2017年12月27日

身に覚えのないSMSにご注意!!

 「Amazon」や「楽天」などを装った架空請求の相談が多数寄せられています。


 不審な事業者から「有料コンテンツの未納料金が発生している。本日中に連絡がない場合は法的措置に移行する。」などのショートメッセージ(SMS)が消費者に届きます。

 不安を覚えた消費者がSMS記載の番号に電話した場合、事業者は「1年間未納状態で、○○万円の滞納金が発生しています」などと告げ、実際には存在しない未納料金の支払いを求めようとしてきます。

 事業者はその後も電話を切らず、「本日中に支払わなければ法的措置に移行する」などと伝えて不安感をあおり続けてきます。

 消費者に考える時間を与えたり、通報されたりしないようにしていると思われます。

 

【ひとことアドバイス】

・「期日までに連絡するように」などと書いてあっても、絶対に連絡してはいけません。相手からの請求がエスカレートしたケースもあります。

・「裁判になる」「法的措置をとる」など不安をあおるようなことが書かれていても、利用した覚えがなければ決して支払わず、無視をしましょう。

・支払い義務があるかどうか判断できない場合や心配なときは、甲斐市消費生活センターにご相談ください。

 

困ったことがあったら、まずご相談ください!

甲斐市消費生活センター 電話055-276-5002(受付時間午前9時~午後4時)

 消費者ホットライン 電話188(局番なし)
 

 

 

お問い合わせ

市民活動支援課
電話:055-278-1704