本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

ダンボールコンポスト通信 Vol.4(最終号)

2017年9月28日

8月10日(木)に生ごみの投入を終了してから1ヶ月半、水を加えながら撹拌し、熟成期間が終了しました。

【第14~20週の記録】

月日 曜日 備考(経過観察等)
ピートモス+もみ殻くん炭 剪定枝チップ
8/14 水500ml 水500ml
8/18 水500ml
米ぬか600g
水500ml
米ぬか600g
8/25 水500ml 水500ml
9/1 水1,000ml 水1,000ml
9/15 水1,000ml 水1,000ml
9/22 水1,500ml
水1,500ml

生ごみの減量化量

生ごみ投入前と熟成後の重量変化(ダンボールを含む)については下の表のとおりです。

 

(1) 生ごみ

  投入前

(5/16計量)

(2) 生ごみ

  総投入量

(5/16~8/10)

(3) 熟成後

 

(9/25計量)

(4) 生ごみ

     減量化量

(4)=(1)+(2)-(3)

ピートモス 6.3kg 33.9kg 7.5kg 32.7kg
剪定枝 6.8kg 33.9kg 7.9kg 32.8kg
合  計 13.1kg  67.8kg 15.4kg  65.5kg

全体で65.5kgの生ごみを減量することができました。

分解されずに残ったもの(残さ)

ふるいに掛けて残ったものを調査しました。

ふるい 残さ
残さ(玉ねぎ・長ねぎの皮、トウモロコシの皮・ヒゲ、レモンの皮、桃の種、カボチャの種、メロンの種、卵の殻)

剪定枝についてはチップ片も残さとして取り除きました。

チップ自体が分解され、投入前のとがった形状から丸みを帯びて細かくなっていることが確認できました。

チップ 剪定枝

剪定枝 生ごみ投入前(5/15撮影)              剪定枝 熟成後(9/25撮影)

たい肥

ふるい掛けしたたい肥の土壌酸度(pH)を測定したところどちらも7.0でした。

酸度調整をする必要もなく使用できそうです。

たい肥は袋に入れ保管し、環境課で毎年取り組んでいる緑のカーテンの土づくりに活用する予定です。

ふるい後

ふるい掛けしたたい肥(ピートモス)

ダンボールコンポストの説明についてはこちら 

第1週~第4週までの経過はこちら

 ダンボールコンポスト通信Vol.1

第5週~第9週までの経過はこちら

 ダンボールコンポスト通信Vol.2

第10週~第13週までの経過はこちら

  ダンボールコンポスト通信Vol.3

お問い合わせ

環境課
電話:055-278-1706