本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

平成29年度「緑のカーテン市民モニター」取り組み結果報告

2017年9月11日

甲斐市では、平成22年度から市民を対象に環境講座「緑のカーテンづくり講座」を実施しています。今年度は429日(土)に実施しました。

参加された42名の中から5名の方に市民モニターとなっていただき、緑のカーテンセットを提供し、緑のカーテンづくりに取り組んでいただきました。

 市民モニターの方には、栽培の取り組み様子の写真とレポート(意見・感想)を提出していただきましたので、ご紹介します。

皆さんも省エネやCO2削減などの効果がある「緑のカーテンづくり」にぜひ取り組んでみましょう。

○緑のカーテン市民モニター写真一覧

                【竜王地区 Mさん宅】                 【竜王地区 Sさん宅】  

111.jpg222.jpg

  【竜王新町地区 Kさん宅】      【 篠原地区 Kさん宅】        【篠原地区 Wさん宅】  

 333.jpg444.jpg555.jpg

○意見・感想

市民モニターの方から提出していただいたレポートの中から、ご意見・ご感想の一部を掲載します。

 

緑のカーテンの効果

 ◇窓越しの日の光が弱まった。

◇部屋の窓がゴーヤの葉の陰となり涼やかな感じがして気持ちが良い。

◇窓ではなく壁だったので、室内気温が下がったかどうかは不明だが、見た目が緑の葉と黄色の花が涼しそうに感じられた。

◇日よけになり、暖簾が要らなくなった。

 

取り組んで良かった点

 

 

 

 

 

 

◇涼しげな緑色のカーテン、黄色の可憐な花が和やかにしてくれる。

◇果実は苦みが少なくおいしくいただけて、料理の幅が広がった。

◇成長が早く毎日の生育が楽しめた。

◇ネット全体にゴーヤの葉が広がり気持ちもよくなる。

◇ゴーヤを育てて日々大きくなっていく過程を見る楽しみや緑の葉が黄色の花のさわやかな色が涼しく感じられてよかった。

◇ゴーヤの実も次から次にできて食べるのも大変くらいの収穫量だった。

◇窓の向こうの緑が目に入りさわやかな感じがする。

◇カーテンの役目もでき、ゴーヤもおいしく食することができて楽しく育てることができた。

 

取り組んで大変だった点

 ◇水はけが良すぎて朝夕の水やりが大変だった。

◇プランターの土が途中悪くなってきたようで、水はけも悪く葉も黄色くなってきて土を入れ替えたり、葉や花を摘むことで復活できてほっとした。

◇組み立ては一人ではできず、手伝ってもらって行った。

 

そ の 他

 ◇大型のプランターは長期間使用すると水はけが悪くなるのでプランターの底へ鉢底石の代わりに発泡スチロールを砕いたものを洗濯ネットに入れ敷いた。

◇真夏の駐車場の地面は高温になるので、プランターの下にレンガを敷いた。

◇プランターは自宅建物の東南の出窓に設置したが、午前中しか日が当たらないので、置き場所に再考の余地有。

◇肥料は市から頂いた液肥と化成肥料を使用。

◇成長が遅く心配していたが、市からアドバイスをもらい水と肥料を多く与えたところ育ちが良くなった。

◇ゴールデンウィーク、お盆の時など長期にわたって出かけるときの水やり、水不足が心配だった。

◇水やりは、夜米の研ぎ水だけだったが、朝夕しっかり水をあげた。

◇肥料もどのくらいあげていいかわからず実が黄色くなって落ちてしまった。

◇毎年育ててみたいと思う。

◇肥料はスーパーでもらえる水肥料(PAXの液肥)を使用した。

竜王図書館の緑のカーテン

講座で参加者に植えていただいたゴーヤが立派なカーテンになりました。

666.jpg

お問い合わせ

環境課
環境保全係
電話:055-278-1706