本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

甲斐市地域おこし協力隊活動報告(8月)

2017年8月8日

8月 3日(木) 赤坂トマトの種まきに行ってきました

 こんにちは。協力隊の西山です。本日は赤坂農場のトマトの種まきを行ってきました。

 種まきというと、土の上に種をまく印象がありますが、赤坂農場では土を使わず肥料を水に溶かした養液によって栽培する養液栽培を行っていますので、土の代わりに専用の綿の上に種をまいていきます。

この専用の綿の窪みにピンセットを使って一つずつ種を入れていくのですがなかなか細かい作業です。

 

 DSCF5368.JPG

 

今回は、我々協力隊と市長をはじめとした市の職員の方々と種まきに挑戦しました。

時には種が落ちたり、一つの穴に種が複数個入ったりすることもありましたが、注意を払いながら作業を行い、種まきを終えることができました。

 

 DSCF5383.JPG

 

 赤坂農場では農薬を必要最小限までに抑えつつ、トマトの成長に合わせて投与する養分を調整することで、高品質で安心安全なトマト作りを実現させています。

今回、種まきをしたトマトの収穫は12月頃になる予定です。店頭に並ぶ日が楽しみです。

 

 

8月 7日(月) もろみワインについてのお知らせ

 こんにちは。協力隊の西山です。ぶどうの出荷が盛んになる季節になりましたね。

先日、市内の葡萄畑に足を運びました。一面に広がる葡萄畑は見ごたえのある風景です。

 

 DSCF3057.JPG

 

 葡萄も色づき始め、出荷の日を待つばかりの様子。

 DSCF3052.JPG

 

ワイン用の葡萄でしょうか。粒が小さく、栽培方法も生食用とは異なっています。

 

 DSCF3055.JPG

 

ワインと言えば、ワインになる前段階の発酵中の葡萄酒である「もろみワイン」をご存知でしょうか。

オーストリア・ドイツでは「シュトゥルム」と呼ばれて愛されており、ワインの風味と葡萄ジュースの甘味を併せ持つ微炭酸の葡萄酒です。

もろみワインは発酵中の飲み物なので、時間が経つにつれて甘味が失われアルコールが強くなり、どんどんワインに近い味になっていきます。

また、日本国内では各種法律の関係上持ち帰ることができないため、ワイナリーの中でしか飲めません。

こうした理由から限られた場所で、その旬の時期にしか味わえない知る人ぞ知る飲み物としてささやかな人気を博しています。

 

甲斐市では下記のワイナリーで提供されますので、ワインの醸造の季節になったら是非足を運んでみてください!

 

 

シャトレーゼベルフォーレワイナリー

 

9月中旬~10月 ※期間内 不定期販売ですので、詳しくは直接お問い合わせください。  

 

URL: www.belle-foret.co.jp/belleforet/

TEL: 0551-28-4451

 

 

敷島醸造

 

1028日(土)予定  雨天延期

 

URL:www.mountwine.co.jp

TEL:055-277-2805

 

斐市地域おこし協力隊Facebook、Twitter

 隊員が日常のささやかな情報をアップしています。併せてこちらもご覧ください。

 甲斐市地域おこし協力隊Facebook

  甲斐市地域おこし協力隊Twitter

 

 

関連ワード

お問い合わせ

農林振興課
電話:055-278-1707