本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

新着おすすめ本 2017.8月号

2017年8月1日

新着本の中からおすすめの本をご紹介します。
甲斐市立図書館WebOPACからご予約いただけます。
*予約をかけるには、事前に図書館利用カードの発行とパスワードの登録が必要です。(利用カードをお持ちの方は、WebOPACからパスワードを登録できます。)
甲斐市立図書館WebOPACはこちら

 

一般書(文芸書)

hahadehanakuteoyaninaru.jpg

『母ではなくて、親になる』  山崎ナオコーラ 著  河出書房新社


独身のころから子どもを育てたかった作家の山崎さんの子育ての自伝です。33歳の時、町の書店員さんと結婚し、ほどなく子どもを授かり「母でなく親になろう」と決めていたそうです。育児エッセイを書きながら、赤ちゃんとの暮らしが楽しくてしかたがない様子がうかがえます。育児は大変と思っている人もこの本を読んでみると、考え方をちょっと変えるだけで、楽しくなるのだなと考えさせられました。

 haikusenryu.jpg

『違いがわかる はじめての五七五「俳句・川柳」上達のポイント』  上野 貴子、江畑 哲男 監修  メイツ出版


俳句と川柳、それぞれのエキスパートが俳句とは何か川柳とは何かを紹介しています。俳句と川柳に共通する五七五の魅力や基本のルール、相違点も取り上げ、分かりやすい例句とともにステップアップのコツをやさしく解説しています。今まで自己流で作っていた方、これから上達を考えている方必見。その魅力と違いを知り、感じたままに自分らしい句を詠んでみてください。

 bunngoutokurasi.jpg

 『文豪と暮らし』  開発社 編  創藝社


文豪と呼ばれる作家たちの小説・日記には、様々な物・食・場所が登場します。近代の文豪47名が愛したモノが紹介された一冊です。「文豪が愛した物」では、実物の愛用品が写真とともに載り、「文豪が愛した食・場所」ではそれぞれ、現在でも実際に親しめる内容となっています。

gohundenamidagaahuretetomaranaiohanasi.jpg

 『5分で涙があふれて止まらないお話』  志賀内泰弘 著  PHP研究所


「七転び八起き九難を払うご利益がある」という、八起稲荷神社の境内では、お参りに来る人も多く、神社から最寄りの駅まで商店街が続いています。高校一年生のマサルはスポーツ特待生で入学後、怪我のため退学となりました。監督の先生を恨みましたが、商店街にある青果店を手伝っている傍ら、爺ちゃんに「お前は傷物なんだ。リンゴは傷がつくと治そうとする。そうすると、糖度が上がる。つまり、失敗したり苦労した人間も傷を負った奴ほど、最後は強くなるし人にやさしくなれる」と教わります。商店街の人々の人間模様が繰り広げられ、読後感はスッキリする一冊です。

 

一般書(実用書)

 sinianokanntannoishiifukenaikonndate.jpg

『シニアの簡単!おいしい!老けない献立』  武蔵裕子 著  誠美堂出版


日本人の平均寿命は世界トップクラスとなっています。これからは単に長生きするだけでなく、いかに「健康長寿」を伸ばすかが大きな課題となっていきます。タイトルに「シニア」とありますが、シンプルでバランスもよく手間のかからない献立が満載で、一人暮らしの方や若い夫婦にも充分使える一冊です。「作りおき」などのおかずや「老けない人はここが違う!健康シニアの5大ポイント」なども載っていて見ているだけでも健康になった気分になれます。豚肉のにんにくじょうゆ炒め献立を試してみましたが、ヘルシーかつボリュームもあってとても美味しかったです!

 yakinikunokyoukasyo.jpg

『焼肉の教科書』  田辺晋太郎 監修  宝島社


暑い日々が続いて体力も食欲も落ちてくる時期ですが、そんな夏だからこそ、焼肉を食べて乗り切りましょう! この本では焼肉の人気部位から激ウマな希少部位までを徹底網羅して、それぞれのおすすめの食べ方やおいしい焼き方を紹介しています。充実した焼肉ライフを堪能してください。

 

一般書(その他)

yasasiikabuki.jpg 

『やさしい歌舞伎』  清水まり 監修  朝日新聞出版


歌舞伎をご覧になったことはありますか?興味はあるけれど、なかなか敷居が高くて…という方もいるのではないでしょうか。著者である千駄キャサリンさんが、漫画の中で主人公の佳織を歌舞伎の世界に案内します。歌舞伎に絶対の正解はなく堅苦しく考えないで自由に観ることねとキャサリンが楽しく案内してくれます。漫画の他に演目の説明や歌舞伎よもやま話、歌舞伎Q&Aもとても分かりやすいです。漫画の主人公の佳織と一緒に、わたしたちもいつのまにか、歌舞伎の魅力を知り、いつか実際に観てみたいなと感じると思います

shouwaretorojihgannkimaniakkusu.jpg

『昭和レトロ自販機マニアックス』  越野弘之 著  洋泉社


「自動販売機」といえば大半の方が「ジュース」「お茶」などの飲み物を思い浮かべると思います。しかし、うどんやおでんなどの食べ物から、おもちゃやカブトムシ、そしてタイヤまで、ありとあらゆる自販機が全国には存在します。この本は昭和時代に各地で目にすることができたレトロな自販機を紹介しています。見たことある!懐かしい!と思わず声に出しながら家族や友人と楽しめる一冊です。

hyouhonbook.jpg

『標本BOOK』  さとうかよ 著  日東書院本社


海辺で拾った貝殻や庭で大切に育てた植物など、いつまでも大切にとっておきたいと思う愛すべきモノたちを、標本にする方法がわかる本です。標本をつくる、というと敷居が高そうな感じですが、ちょっとした工夫で素敵に仕上がります。こんなモノも標本にできるんだ!と驚くような標本の作り方も載っています。思い出のある大切な品々で、世界に一つだけの標本を作ってみませんか。

ヤング・アダルト(中高生向き)

sutadelisukiruzukan.jpg 

『イラストで学ぶ スタディスキル図鑑』  キャロル・ヴォーダマンほか 著  山崎正浩 訳  創元社


夏休みに入り、宿題に追われている学生の方も多いと思います。そんな時におすすめの一冊です。自分で学び続けていくために必要なことがわかります。「心構え」「やる気を起こす」といった心のことや、「ノートのとり方」「暗記カード」といった実践的なこと、また、ストレスへの対処法など、いろいろな方向から学びをサポートしてくれます。

 

小学生向き

 jannkennnokamisama.jpg

『ジャンケンの神さま』 くすのきしげのり 作 小学館


世界共通の「ジャンケン」には神さまとよばれるおじいちゃんがいました。このジャンケンの神さまに弟子入りしたアイコたちは、どんな修行をするのでしょうか。そして、現れたジャンケン全米チャンピオン、アンドレ・ザ・ボッチとの決戦はいかに。ジャンケンの極意=生きる極意を学ぶアイコたちの楽しいおはなしです。 

 hajimetemitayoseminonazo.jpg

 『はじめてみたよ!セミのなぞ』  新開孝 写真・文  少年写真新聞社


セミは地中で何年もすごし、羽化の時には地上に這い出て木に登り羽化するということは有名ですが、皆さんはセミの卵はどこに産み付けられるかご存じですか?著者の新開さんは本の中で様々な観察をしており、セミが飛ぶ時に出るおしっこの話や、菌類に寄生されたセミの写真など、なかなか知れないセミの実態をまとめています。昆虫好きの少年少女にオススメできる一冊です。

絵本

youkairyouribanduke.jpg 

『ようかいりょうりばんづけ』  澤野秋文 作  佼成出版社


人は、おいしい食べ物を紹介されると行列をつくってでも食べに行きたくなることがあります。ようかいたちもおいしい食べ物が大好きで、おいしい食べ物の情報をさぐるため、日々人間のまちに調査に来ているのです。ある日、グルメふくめんちょうさいんの「とうふこぞう」「ざしきわらし」「すねこすり」の三人は、ぼろぼろのとうふ屋さんを見つけました。さて、ここのとうふは、かれらにとっておいしい食べ物なのでしょうか。 

 iroirohappa.jpg

『いろいろはっぱ』  小寺卓矢 著  アリス館


きっと毎日みんながどこかで見かけている葉っぱ。その葉っぱはどんな形?どんな長さ?どんな太さで、どんな大きさで、どんな色かな?よくながめてみると、私たち人間と同じように、葉っぱにもいろんな違いがあることがわかります。トゲや毒のある葉っぱもあるので観察する時は気をつけましょう。

おすすめ本バックナンバーはこちら