本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

ダンボールコンポスト通信 Vol.3

2017年8月9日

およそ2ヶ月が経過したダンボールコンポストの実証実験。

8月10日(木)まで生ごみを投入し、約1ヶ月の熟成期間を経て、9月中旬にはたい肥が完成する予定です。

ダンボールコンポストの説明についてはこちら

週報はこちら

第12週 7月31日(月)~8月6日(日)

第11週 7月24日(月)~7月30日(日)

第10週 7月17日(月)~7月23日(日)

第12週 7月31日(月)~8月6日(日)

8月3日(木)にダンボールコンポストの先輩に再度状況を見ていただきご意見を伺いました。

  • おおむね順調。ピートモスの方が分解がよく進んでいる。
  • 動物性の残さが少ないのでコンポスト特有の臭いは少ない。

とのことです。

 8月3日コンポスト1.JPG

(8/3撮影)

【第12週の記録】

月日 曜日 生ごみ量
(g)
主な生ごみの種類 備考(経過観察等)
ピートモス+もみ殻くん炭 剪定枝チップ
7/31 870 キャベツ、桃 43℃
水500ml投入
46℃
水500ml投入
8/1 1,340 ごはん、パスタ、大根、キャベツ、ほうれん草 45℃ 45℃
8/2 1,330 ごはん、パスタ、キュウリ、かいわれ、魚の尻尾 43℃ 43℃
8/3 1,110 ごはん、パスタ、わかめ、キュウリ、キャベツ、トンカツ 43℃ 44℃
8/4 1,800 ごはん、パスタ、うどん、キャベツ、トマト、わかめ、卵の殻 46℃ 48℃

第11週 7月24日(月)~7月30日(日)

生ごみの投入も残りわずかなのでダンボールはこのまま、と考えていましたが、

底が抜けそうだったので再度新しいものに変えました。

 3代目1

底や角には撹拌不足により塊ができてしまうので、ほぐしながら行います。(7/28撮影)

3代目2

3代目ダンボール(7/28撮影)

【第11週の記録】

月日 曜日 生ごみ量
(g)
主な生ごみの種類 備考(経過観察等)
ピートモス+もみ殻くん炭 剪定枝チップ
7/24 880 ごはん、ワカメ、きゅうり、キャベツ、トマト、レモン、なす 温度34℃
水500ml
廃食油250ml
温度33℃
水500ml
廃食油250ml
7/25 1,320 ごはん、パスタ、春雨、レモン、カイワレ、キャベツ、エビの尻尾 温度58℃ 温度52℃
7/26 1,500 ごはん、うどん、豚肉、インゲン、キャベツ、トマト、キュウリ 温度53℃ 温度54℃
7/27 1,220 ごはん、うどん、ワカメ、キャベツ、キュウリ、トマト、カイワレ 温度47℃ 温度50℃
7/28 980 マカロニ、トマト、ワカメ、キャベツ、なす、人参 温度47℃
水1,000ml

温度53℃
水1,000ml

生ごみの総量は投入開始からすでに55kgに達しました。

第10週 7月17日(月)~7月23日(日)

3連休明け、7月18日(火)に温度を測るとどちらも30℃程度まで下がっていました。

6月2日から温度観測を始めて、最低を記録。

このままでは分解が進まないので、米ぬか700g水1リットルを入れました。

翌日には55℃まで上昇。米ぬか効果絶大です。

米ぬか

米ぬか投入(7/18撮影)

 

【第10週の記録】

月日 曜日 生ごみ量
(g)
主な生ごみの種類 備考(経過観察等)
ピートモス+もみ殻くん炭 剪定枝チップ
7/18 840 ごはん、うどん、魚の尻尾、キャベツ、キュウリ、レモン 温度31℃
水1リットル
米ぬか700g
温度32℃
水1リットル
米ぬか700g
7/19 1,200 ごはん、かぼちゃ(種を含む)、大根、キャベツ、きゅうり、トマト 温度54℃ 温度55℃
7/20 1,340 ごはん、マカロニ、鶏肉、玉ねぎ、人参、キャベツ、きゅうり 温度50℃ 温度54℃
7/21 1,200 ごはん、ワカメ、卵の殻、エビの尻尾、キャベツ、きゅうり、トマト 温度44℃ 温度45℃

 

第1週~第4週までの経過はこちら

ダンボールコンポスト通信Vol.1

第5週~第9週までの経過はこちら

 ダンボールコンポスト通信Vol.2

お問い合わせ

環境課
電話:055-278-1706