本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

平成29年6月定例市議会

2017年6月21日

 本日ここに、6月定例市議会を開会するにあたり、議員各位におかれましては、ご多忙のところ、ご応招頂き、誠にありがとうございます。
 議案の説明に先立ちまして、このたび、全国市議会議長会より表彰状を授与されました樋泉明広議員、山梨県市議会議長会より表彰状を授与されました有泉庸一郎議員、中巨摩地区広域事務組合より感謝状を授与されました山本今朝雄議員、米山昇議員、清水正二議員に、心よりお祝いを申し上げます。
 永年のご尽力に対しまして、敬意を表するとともに、今後におきましても、更なるご活躍をご期待申し上げる次第であります。

 さて、今年1月には、アメリカ合衆国大統領として、トランプ氏が、5月には、マクロン氏が接戦のすえ、フランス大統領に当選いたしました。
 今後も、イギリス、フランス、ドイツで、来年のイタリア総選挙を含め、世界の政治情勢は、大きな節目を迎えると予想され、世界的に注目されるところであります。
 また、近隣では、北朝鮮がミサイルの発射実験を続けている状況であり、私たちにとっては、脅威に他ならないものであります。
 その中でも、弾道ミサイルは、極めて短時間で着弾すると言われております。日本に向け発射され、落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム、Jアラートを活用して、防災行政無線で、特別なサイレン音とともに、メッセージを流すほか、緊急速報メール等により、緊急情報をお知らせいたします。
 ミサイル落下時の行動につきましては、屋外にいる場合は、地面に伏せて頭部を守るなど、また、屋内にいる場合は、できるだけ窓から離れるなどの対応について、内閣官房の国民保護ポータルサイトをはじめ、市のホームページにおいても掲載しておりますので、万一の有事に備えていただきたいと思います。

 ところで、改めて先日のチャレンジデーには、議員の皆様をはじめ、大勢の市内外の皆様にご参加頂き、ありがとうございました。
 本市初の三つ巴の戦いとなり、結果につきましては、甲斐市は参加率86.8%で、84.0%の秋田県大仙市には、勝利することができましたが、鹿児島県霧島市の90.0%には 惜しくも及ばず、敗北となりました。
 また、初参加したワールドチャレンジデーでは、クロアチアのシサク市に勝利することができました。
 なお、参加率が50%を超えたため、「金賞」を受賞いたしましたので、ご報告するとともに、多くの皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

 さて、人口減少と地域経済縮小の克服を目指した、甲斐市まち・ひと・しごと創生総合戦略の戦略的な取り組みとして、甲斐市版ネウボラ推進プロジェクトを、昨年度スタートさせ、山梨大学と包括的連携協定を締結するなどして、各事業に取り組んでいるところであります。
 その中のひとつとして、産後うつ予防に観点をおき、一番不安が大きい時期と言われる、産後1か月半の母親と乳児を対象とした産後ケアを実施しております。
 昨年、市内に開業された「このはな産婦人科」を会場として、集団での事業や、個別相談などを実施したところ、参加者からは、不安が解消した、育児への自信がついたなど、好評をいただいております。
 そうしたなか、平成29年度から、国においては、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援体制の整備として、産後間もない時期の産婦健康診査事業の助成制度を、新規に創設したところであります。
 市においても、産後の初期段階における、母子への支援のさらなる推進が図られるため、県内ではいち早く着目し、準備をして参りました。
 その新たな取り組みとしては、産後2週間及び1か月ごろの、エジンバラ産後うつ病質問票を活用した 産婦健康診査2回分に係る費用の一部を助成する、産後うつ対策の強化のための「産婦健康診査費助成事業」と、既に地方交付税措置がされている、新生児の聴覚障害の早期発見、早期療育を図るための「新生児聴覚検査費助成事業」の2事業であります。
 新たな2つの事業につきましては、今定例議会へ補正予算を提案しておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、今定例市議会に提案いたしました報告議案 及び 一般議案につきまして、概要をご説明申し上げます。

 はじめに、報告議案についてであります。

 報告第2号、「平成28年度甲斐市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告の件」につきましては、総合計画プロジェクト事業など16件の繰越明許費の報告であります。

 報告第3号、「平成28年度甲斐市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告の件」につきましては、介護保険特別会計の繰越明許費の報告であります。

 報告第4号、「平成28年度甲斐市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告の件」につきましては、下水道事業特別会計の繰越明許費の報告であります。

 報告第5号、「和解及び損害賠償額の決定の件」につきましては、交通安全施設の管理瑕疵による事故について、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分したので、同条第2項の規定により、報告するものであります。

 続きまして、一般議案についてであります。

 議案第43号、「甲斐市個人情報保護条例及び甲斐市 情報公開条例の一部改正の件」につきましては、行政機関等の保有する個人情報の適正かつ効果的な活用による新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するための関係法律の整備に関する法律及び関係法令が施行されたことに伴い、個人情報に関する定義の明確化のほか、その他所要の改正を行うものであります。

 議案第44号、「甲斐市税条例の一部改正の件」につきましては、地方税法、航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律及び関係法令が公布されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第45号、「甲斐市重度心身障がい者医療費助成条例の一部改正の件」につきましては、甲斐市高校生等医療費助成金支給条例の制定に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第46号、「甲斐市市道に設ける道路標識の寸法を定める条例の一部改正の件」につきましては、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部が改正されたため、所要の改正を行うものであります。

 議案第47号、「平成29年度甲斐市一般会計補正予算(第2号)」につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ、5千445万8千円の追加補正をお願いするものであります。

 歳入につきましては、産婦健康診査事業補助金などの増額、財政調整基金繰入金などを増額するものであります。

 歳出につきましては、遠距離通学定期券購入費補助事業、自治振興事業、母子保健事業、公園整備事業などを増額するものであります。

 議案第48号、「平成29年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ219万円の追加補正をお願いするものであります。

 議案第49号、「平成29年度甲斐市水道事業会計補正予算(第1号)」につきましては、資本的収支の既定の歳出総額に、1千26万円の追加補正をお願いするものであります。

 議案第50号、「塩崎駅構内塩崎架道橋改築に関する施行協定の変更協定締結の件」につきましては、甲斐市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 議案第51号、「市道路線認定の件」につきましては、新たに5本の市道路線を認定するため、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 以上、提出議案等についてご説明申し上げましたが、何卒、慎重審議の上、原案のとおりご可決くださいますようよろしくお願い申し上げます。

                                                                                                                                平成29年6月15日

甲斐市長  保坂 武

お問い合わせ

秘書政策課
電話:055-278-1678