本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

新着おすすめ本 2017.5月号

2017年5月1日

新着本の中からおすすめの本をご紹介します。
甲斐市立図書館WebOPACからご予約いただけます。
*予約をかけるには、事前に図書館利用カードの発行とパスワードの登録が必要です。(利用カードをお持ちの方は、WebOPACからパスワードを登録できます。)
甲斐市立図書館WebOPACはこちら

 

一般書(文芸書)

siawasenaurakata.jpg

『幸せな裏方』  藤井青銅 著  新潮社


作家、脚本家、放送作家として活躍する藤井青銅さんが、これまでに仕事で経験してきたことを綴ったエッセイです。松田聖子さんや伊集院光さんといった方々とのラジオ番組を通してのエピソードや、番組ができるまでの裏話などが書かれています。作詞やプロデュースも行い、マルチに活動している藤井さんがヒットの中で実際に感じてきたことを知ることができます。 

 

一般書(実用書)

uledelingu.jpg 

『カスタマイズできるウェディング&カラードレス Wedding & Color dress』  野本慶子、岡本あずさ、松尾一弘 著  文化出版


心に残る結婚式の演出に、自分だけのウエディングドレスが作れたらなんて素敵でしょう!!5つのバリエーションを基本に、お色直しにも応用できるデザインや、素材を変えることで印象が変わったり。ドレスの丈を少し短くするだけでパーティドレスにも応用できそうです。あまり見かけないハンドメイドドレスの本です。

chokottodaketukemono.jpg

『ちょこっとだけ漬けもの』  沼津りえ 著  学研プラス


昔から日本で親しまれてきた保存食品である漬物は、日々の食卓を彩る名脇役です。本書では、ぬか漬けをはじめ、ピクルスやオイル漬けなど全七種類の漬物がご家庭で簡単に漬けられるレシピが掲載されています。また、漬物を使用したアレンジ料理も紹介されているので、色々な形で漬物を楽しむことができる一冊です。

 

一般書(その他)

nekonotamenoheyadukuri.jpg 

『猫のための部屋づくり』  ジャクソン・ギャラクシー、ケイト・ベンジャミン 著  小川浩一 訳  エクスナレッジ


猫と一緒に幸せになれる部屋づくりを始めてみませんか?この本には、キャットウォークやハンモックの作り方など、おしゃれで魅力的なキャットリフォームのアイデアが多数掲載されています。キャットリフォームといっても、大げさなものではなく、お部屋の模様替え感覚でできる手間がさほどかからないものが多数です。ご自身がインテリアデザイナーとなり、依頼人の猫のニーズや好みを考え、今よりもっと暮らしやすくなる部屋を作り互いの絆を深めてください。

ヤング・アダルト(中高生向き)

 mabiratomarara.jpg

『ナビラとマララ』  宮田律 著  講談社


イスラム世界を理解するきっかけとして、ナビラ・レフマンさんとマララ・ユースフザイさんの2人の少女が「対テロ戦争」に巻き込まれた背景が掲載されています。ニュース番組で報道される事件では、タリバン運動やイスラム国などの過激派組織に参加している若者の犯行があとを絶ちません。イスラムの若者たちは、教育を受ける機会を奪われたままです。この状況が続けば世界から暴力は無くならないでしょう。教育を受けさせることが平和への第一歩と彼女たちは、訴えています。

tyuugakuissatumenosannkousyo.jpg

『中学一冊目の参考書』  船登惟希 著  KADOKAWA


中学生になって初めての定期テストを目前に控え、不安に駆られたミツは神保町の隠岐天満宮にやってきました。そこで出会った不思議な男は、「天才なんていない」とミツに教えます。独学で現役東大合格を果たした著者による高校入試にもつながる勉強法・ノート術を物語仕立てで紹介します。

小学生向き

 meriimeriiotomarinidekakeru.jpg

『メリーメリーおとまりにでかける』  ジョーン・G・ロビンソン 作・絵  小宮由 訳  岩波書店


メリーメリーは五人きょうだいの、いちばんすえっ子。ちいさい女の子です。ある日、おねえちゃんたちがみんなそれぞれのお友だちの家にあそびに行きました。おいてきぼりのメリーメリーはにわで一人であそんでいましたが、となりのサマーズさんと仲良くなりついに一人であそびにいく「メリーメリーおきゃくさんになる」にせいこうしました。帰ってきたおねえちゃんたちがびっくり、きっといたづらをしてとなりの家に入ったのだとメリーメリーをしかろうとしましたが、メリーメリーはとくいげにすましがおをしました。かわいいお話が五つ入っています。

bokunomomonoki.jpg 

『ぼくのもものき』  広野多珂子 文・絵  福音館書店


ぼくは、大好きな桃の苗を買ってもらい、植木鉢で育てることになりました。植木鉢に小石と肥料と土、そして苗をうえます。花が咲いたら受粉のためのお手伝いもします。最後には桃は半分熟れて傷んでしまいましたが、立派な桃が一個だけ収穫できました。実のなる植物は上手に育てるのが難しそうですが、大まかな工程がわかりやすく描かれており、お子さんと一緒に挑戦してみたくなるような本です。

mizunomorinohimitu.jpg 

『水の森の秘密』  岡田淳 作  理論社


20年以上書き続けられ、「日本のムーミン谷」とも言われている『こそあどの森の物語』シリーズ。様々な物語を重ねて、子どもから大人まで愛されてきましたが、この12巻をもってついに完結します。こそあどの森のあちこちから水が湧き出し、森中が湖のようになってしまったことから、主人公のスキッパーと双子が原因を調べに行き、出会ったのは…? 小学校中学年くらいの子から、小学生の頃読んでいた大人にも、シリーズ通しておすすめです。

 wakuwakuhakkennnihonnokyoudoryouri.jpg

『わくわく発見!日本の郷土料理』  竹永絵里 画  河出書房新書


みなさんは自分の郷土の「郷土料理」を知っていますか?山梨の郷土料理といえば「ほうとう」ですが、お隣の長野県や静岡県の郷土料理が何かすぐに答えることができますか?この本は、料理の由来やどんな時に食べるのかなど詳細ときれいなイラストで説明されています。見返しには郷土料理マップとクイズがあります。この中いくつ食べたことがあるのか探してみませんか?

santakuro-sunoharuyasumi.jpg

『サンタクロースのはるやすみ』  ロジャー・デュボアザン 作  小宮由 訳  大日本図書


季節は春になりました。サンタクロースはおもちゃ作りをやすんで、春の町へでかけます。子どもたちから「サンタからおひげと赤い鼻もぬすんじゃった」と、どろぼうあつかいされ、さあ大変です。おまわりさんまでかけつけ、大さわぎになりましたが、やっとみんなのごかいもとけて、サンタクロースの春休みはとってもしあわせになりました。サンタクロースの春休みの様子を読んでいたら、春になったばかりなのに、クリスマスが待ち遠しくなりました。

絵本

kabukinekosagashi.jpg 

『どこじゃ?かぶきねこさがし かぶきがわかるさがしもの絵本』  瀧晴巳 文  吉田愛 絵  松竹株式会社 協力  講談社


日本の伝統芸能「歌舞伎」をネコたちが演じます。演目は歌舞伎の中でもとくに有名な5作品。初めて見る人でもわかりやすく、あらすじ、見どころ、登場人物、名せりふを紹介しています。どんなおはなしか分かったら、歌舞伎の世界に飛び込んでさがしものをしてみましょう。子どもだけでなく、大人、ネコ好き、そしてもちろん歌舞伎好き、だれでも楽しめる絵本です。

iroirootegami.jpg 

『いろいろおてがみ』  えがしらみちこ 作  小学館


最近はメールやSNSが主流になり、手紙をもらう機会が少なくなりました。けれど、自分宛に手紙が届くと嬉しいものですよね。この絵本に登場する、はなちゃんも手紙が大好き。いろいろな相手から手紙が届きます。それぞれの手紙はいったい誰から届いたものでしょう?封筒にヒントがありますので、お子様と当てっこを楽しみながら読んでみてください。

higehigewatarihige.jpg

『ひげひげわたりひげ』  酒巻恵 作  あかね書房


春になり、草木が芽吹くと…今年も町にひげの群れが帰ってきた!?町中がひげだらけです!でも、これがこの町では当たり前の光景。ひげにも、いろんな種類があるそうで…「ダンシャクヒゲ」に「オジサンヒゲ」は、よく見られる一般的なヒゲ。世界には「ジャイアントオオヒゲ」や「ヒカリヒゲ」といった珍しいヒゲもあるそうですよ。ユーモア溢れる、なんとも不思議なヒゲの絵本です。

mitemiteokaasann.jpg

『みてみておかあさん』  LEE 文  みやこしあきこ 絵  白泉社


おかあさんは赤ちゃんのお世話で大忙し。だけど、みなちゃんは少ししょんぼり。どうしたらいいのかわからなくなってしまったみなちゃんは、クローゼットの中に隠れてしまいました。クローゼットの中で寝てしまったみなちゃんは、夢の中であることに気づきます。どんなことに気付いたのでしょうか…?

おすすめ本バックナンバーはこちら