本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

保護司と更生保護女性会

2017年7月28日

保護司について

  犯罪を犯した人や非行のある少年も、処分を受けた後は、地域社会に戻り社会の一員として生き

  ていくことになります。

  更生保護は、人の立ち直りを支援する活動であり、地域の中で行われるものであることから、その

  地域を良く理解した人の力が必要になります。 

  そこで必要となるのが保護司であり、保護観察官と協力して更生するための指導や社会復帰の支

  援、犯罪予防活動を行います。

  保護司は、保護司法・更生保護法に基づき、法務大臣から委嘱を受けた非常勤国家公務員ですが

  無給のボランティアです。

  犯罪や非行を未然に防ぎ、明るい社会を築こうと、7月の「社会を明るくする運動」では街頭啓発活

  動などを行っています。

  このような保護司は全国に48,000人おり、峡中保護区甲斐市内保護司会員は28名が活躍されてます。

 

 

峡中地区更生保護サポートセンター(甲斐市下今井171番地 双葉庁舎2F 0551-45-8880 )

   更生保護サポートセンターとは、保護司・保護司会が、地域の関係機関・団体と連携しながら、地

   域で更生保護活動を行うための活動拠点です。

   経験豊富な「企画調整保護司」が常駐しており、保護司の処遇活動に対する支援や関係機関との

   連携による地域ネットワークの構築等を行っています。

 

      更生保護サポートセンターについて(別ウインドウで開く)

 

 

更生保護女性会について

  更生保護女性会は、地域社会の犯罪・非行の未然防止のための啓発活動を行うとともに、青少年の

  健全な育成を助け、犯罪をした人や非行のある少年の 改善更生に協力することを目的とする女性の

  ボランティア団体です。

  犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうと、7月の「社会を明るくする運動」では街頭啓発活

  動を行っています。

  このような更生保護女性会員は全国に166,000人おり、峡中地区更生保護女性会のうち、甲斐市には

  26名の会員が活躍されてます。

 

  「社会を明るくする運動」街頭啓発の様子

                                                          社明1_R.JPG(81KB)社明2_R.JPG(86KB)

                                                          社明3_R.JPG(40KB)社明4_R.JPG(52KB)

                                                          社明5_R.JPG(51KB)

  保護司から敷島中学校長へ啓発用品が手渡されました

                                                          社明6_R.JPG(44KB)

 

お問い合わせ

市民活動支援課
電話:055-278-1704