本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

第13回 甲斐梅の里クロスカントリー大会(まちできweb版 2017年2月26日)

2017年3月2日

 敷島総合文化会館周辺で「第13回 甲斐梅の里クロスカントリー大会」が開催され、春のような陽気に包まれたこの日、県内外から2,300人のランナーが参加しました。

 ランナーたちは、2.5km・5km・10kmの3コース17部門に分かれ、親子で走ることを楽しんだり、自己記録更新を目指したり、梅の香り漂うコースを快走しました。

 種目別の大会結果はこちらで確認できます。(テクネット・ロードレース情報局のページへリンクします。)

※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。  

 

01.JPG

02.JPG

選手宣誓を行う双葉野球スポーツ少年団の志村悠成さん(子)と志村英久さん(父)。

精一杯楽しく走ることを誓いました。

 

04.JPG

05.JPG

2.5kmコース 小学生の部

家族やクラブの仲間などの応援の中、自分たちの力を出し切り走りました。

 

06.JPG

07.JPG

2.5kmコース 親子ファミリーの部

中には親の方が子ども置いて行かれる場面もありましたが、親子で力を合わせて2.5kmを走り切りました。

 

08.JPG

09.JPG  10.JPG

5kmコース

敷島総合公園周辺を走るコース。ランナーは梅の花と甲斐市の風景を楽しみました。 

 

11.JPG

12.JPG

10kmコース

クロスカントリーという大会名のとおり、高低差200mのアップダウンがランナーを苦しめる難コース。

しかし各コースの中で、一番風景を楽しめるのもこのコースということもあり、ランナーたちは苦しみながらも笑顔で走り抜きました。