本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

特急「あずさ」50周年記念列車が運行(まちできweb版 2016年12月17日)

2016年12月20日

山梨・長野の両県と東京方面を結び、市内を通るJR中央線の特急「あずさ」が、今月12日に昭和41年の運行開始から50年を迎えました。

12月17日には運行50周年を記念した列車が運行され、クリーム色に赤いラインが入った「国鉄色」と呼ばれるかつて走行した車両に、沿線では多くのカメラマンがなつかしい姿にシャッターを切っていました。

※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。 

 

あずさ50周年3

塩川橋を通過するあずさ50周年記念列車(189系)。

 

 

あずさ50周年2

竜王駅を通過する初代181系あずさ号(昭和45年頃撮影)。

 

あずさ50周年1

竜王駅を通過する初代181系あずさ号(昭和45年頃撮影)。

 

あずさ50周年7

南アルプスを背景に走行するE351系スーパーあずさ号(竜王~塩崎間)。

 

あずさ50周年6

富士山を背景に走行するE351系スーパーあずさ号(塩崎~韮崎間)。

 

あずさ50周年5

竜王駅を通過する旧塗装色189系で運行された臨時特急あずさ号。

 

あずさ50周年8

白銀の甲府盆地を背景に走行するE572系あずさ号(竜王~塩崎間)

 

あずさ50周年4

夕暮れの富士山を背景に走行するE572系あずさ号(竜王~塩崎間)