本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

伝統の味を伝承「竜王南部公民館親子ほうとうづくり」(まちできweb版 2016年12月3日)

2016年12月6日

山梨の伝統料理「ほうとう」。この味を後世に伝えてもらおうと、竜王南部公民館子どもふれあい講座で「親子ほうとう作り」が行われました。

※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。 

 

親子ほうとう作り1

講師は竜王南部公民館の自主グループ、伝承クラブの講師桑原高子さんと勝又光枝さん。

 

親子ほうとう作り2

親子ほうとう作り3

今回調理したほうとうは、市内西八幡地区で活動する「麦の会」が収穫した地粉を使った麺や、特産品のやはたいもなど地産地消にこだわったものです。

 

親子ほうとう作り4

地粉に水と塩を加え、麺生地を練り上げていきます。

 

親子ほうとう作り6

できあがった生地をのし棒で薄く引き伸ばし、

 

親子ほうとう作り7

生地を折り重ねて、包丁で切り落とし麺の完成です。

 

親子ほうとう作り5

調理の合間には、講師においしい「出汁(だし)」のとり方を聞くなど、伝統の味の伝承に参加者も真剣に取り組んでいました。

 

親子ほうとう作り8

参加した12組の親子は慣れない麺打ちに苦労したものの、協力しながら調理に取り組み、親子でほうとう作りを楽しみました。