本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

皇太子殿下が「信玄堤」をご視察(まちできweb版 2016年10月14日)

2016年10月18日

10月14日、皇太子殿下が山梨県を訪問し、甲斐市の信玄堤をご視察されました。

皇太子殿下は水問題に関する研究をされており、今回のご視察では信玄堤の自然の地形を生かした治水技術、甲府盆地の水防を祈願する祭りとして古くから伝わる「おみゆきさん(御幸祭)」、甲州が発祥と言われる伝統的な治水工法「聖牛」などについて説明を受けました。

 

皇太子殿下視察4

皇太子殿下が甲斐市を訪問するのは初めてとなります。

沿道では殿下の到着を待ちわびる多くの市民が出迎えました。

 

皇太子殿下視察3

「聖牛」は洪水の流れを弱めるために考えられた日本古来の河川工法の一つで、甲州が発祥の地とも言われています。

三角すいや四角すいの形状で上の部分が牛の角のように見えるため、このような名前がついたと言われています。

 

皇太子殿下視察1

担当職員から「聖牛」の説明を受ける皇太子殿下。

 

皇太子殿下視察2

「(聖牛は)どれくらい古くから伝わるのか」など熱心に質問される皇太子殿下。

 

皇太子殿下視察5

ご視察を終え、帰路に向かわれる皇太子殿下。

沿道の声援に手を振りながら応え、とても興味深く武田信玄ゆかりの信玄堤をご覧いただけた様子でした。