本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

十五夜団子作り(まちできweb版 2016年9月15日)

2016年9月16日

 竜王東保育園の園児たちが、地元のボランティアのみなさんに協力してもらい、十五夜の団子を作りました。地元ボランティアの協力によるこの団子作りは、1月の小正月の繭玉作りとともに、約15年続いています。協力してくれたみなさんは、園児たちから親しみを込めて「団子のおばちゃん」と呼ばれています。
 まずは、団子のおばちゃんたちが生地をこねている間に、十五夜の由来を勉強します。そして、団子のおばちゃんたちに教えてもらいながら、みんなで生地を丸めて団子の形を作りました。丸めた団子は茹でて、みたらし団子にしていただきました。
 園児たちは、「粘土みたいで丸めるのが楽しかった」「お月様が出てくるのが楽しみ」と十五夜の団子作りを楽しんだようでした。

※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

 

DSC_7038.JPG

 団子のおばちゃんたちが一所懸命生地をこねてくれました。

 

DSC_7041.JPG

 生地作りの間、園児たちは十五夜の勉強をします。

「中秋の名月」や「芋名月」などさまざまな呼び方があることを学びました。

 

DSC_7091.JPG

丸めるのはなかなか難しかったようですが、みんなで楽しみながら作ることができました。

 

DSC_7103.JPG

丸め方のコツを教えてくれた団子のおばちゃん。

園児たちは「こんなに大きくできたよ」と嬉しそうに自分が作った団子を見せていました。

 

DSC_7119.JPG

みんなが作った団子をお月様にお供えします。

 

DSC_7143.JPG 

DSC_7154.JPG

そして待ちに待った団子の完成。みたらし団子にしておいしくただきました。