本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

救命救急講習(まちできweb版 2016年8月29日)

2016年8月31日

 竜王西保育園の子育て支援センター「こあら」で、未就園児と保護者を対象とした救命救急講習が行われました。甲府西消防署から講師を招き行われた講習には、保育士も含め10組が参加し、心肺蘇生法やAEDの使い方など、もしもの時の正しい行動を学びました。
 まずは成人に対する救命措置。周囲の危険確認や周りの人への援助依頼、大きな声で意識確認、胸部マッサージの仕方やAEDの使い方などの実技講習を行いました。次に乳児・小児のそれぞれの救命措置。乳児は足の裏を叩いて意識を確認し、胸部マッサージは指三本で行い、AEDを乳児モードにする。また小児は片手で胸部マッサージを行うなど、成人との違いを学びました。
 参加者はもしもの時に自分が行動できるようにと、講師の話を真剣に聞き「救急車が来る前に意識が戻ったらどうすればいいんですか」「乳児はどれくらいの力で胸部マッサージをすればいいんですか」など積極的に質問をしていました。

※この記事は、広報「甲斐」Facebook(フェイスブック@kaicitykoho)ページでも紹介しています。

 

1.jpg

まずは成人に対する救命措置を学びます。危険の確認、援助の要請、意識の確認などの後に胸部マッサージを行います。

 

3.jpg

AEDの使い方も体験します。機械の指示通りに使えば決して難しいものではないそうです。

 

2.jpg

乳児の意識の確認は足の裏を叩きます。これは足の裏は感覚が鋭敏な上、比較的強く叩いても大丈夫な箇所だからです。

 

4.jpg

乳児の胸部マッサージは指三本で行います。大人と違い、身体が出来上がっていない乳児は両手で強く行ってしまうと危険だからです。

 

5.jpg

小児は片手で胸部マッサージを行います。この際もう一方の手でおでこを押さえると安定します。