本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

山梨クィーンビーズ選手インタビューその13「背番号47 エンルー選手編」(まちできweb版 2016年5月30日)

2016年5月31日

2016-2017シーズンからWリーグに復帰し、10月7日にリーグ開幕戦を迎える山梨クィーンビーズ(QB)。

4月15日にはWリーグを戦う選手、スタッフの新体制が発表され、新入団選手として新人5人、移籍2人の計7人がチームに加わりました。

山梨クィーンビーズ選手インタビューその13では、今シーズンから新たにチームに加わったエンルー選手を紹介します。

エンルー選手は中国出身で184cmとチーム一の長身選手。母国では実業団の附属チームに在籍し、高校1年の時に留学生として日本に来日しました。日本在留7年目で流暢な日本語も話します。

 

エンルー選手1 

QB入団のきっかけは。

「はじめは水上監督から声をかけてもらいました。大学ではキャプテンを務め、ちょうど関東のリーグ戦前ということもあって進路についてはまったく考えていませんでした。7月にQBと練習試合をして、チームの雰囲気がとてもよかったことや大学の先輩からも声をかけてもらい、最終的に入団を決めました。せっかく日本に来ているのだから『仕事をしたい』という気持ちもあり、QBの環境(仕事をしながら、バスケットボールを続ける)は自分に合っていました。」

 

背番号「47」の由来は。

「高校時代のバスケットボール部の顧問であり、恩師である椎名(しいな)先生からとって、『47(しいな)』にしました。高校ではタイトルが取れなかったので、いつか恩返ししたいという思いがあります。」

エンルー選手2

リーグ戦に懸ける思いや目標は。

「大学ではコーチから細かい指示を受けたりしたが、今は自主的に考えながらバスケをしています。Wリーグのチームとは練習試合で対戦したこともあるが、ただチャレンジするだけでは全く勝てないと思います。自分を追い込んでどこまでできるのか、自分より大きい相手に対してどう戦うかを考えていきたいです。」

 

山梨の印象、趣味、みなさんへのメッセージなど。

「休日はチームメイトとの温泉や一人で映画鑑賞をしています。飯田選手に紹介してもらった中下条の『ふかふかぱん』がお気に入りで、中でもごぼうサラダパンが大好きです。」

「ラザウォークにはよく出かけます。大きくてどこにいても目立つので、どこかで会ったら気軽に声をかけてください。」