本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

甲斐市ふる里自然観察路(まちできweb版 2016年5月23日)

2016年5月26日

夏が近づき、ふる里自然観察路が心地よく歩けるシーズンを迎えています。

ふる里自然観察路は、昇仙峡西側の山中にあるルートです。県道101号線(敷島竜王線)沿いの獅子平を起点に、昇仙峡パノラマ台を経由して下福沢大川林道、県道101号線へ下り、獅子平のスタート地点まで一周できます。

今回は、昇仙峡パノラマ台から獅子平まで下りました。

 

DSC_2702.JPG

パノラマ台から下る場合、獅子平へと向かうにはこちらの階段を下ります。

DSC_2731.JPG

急な階段を下っていくとすぐに森の中に入ります。

DSC_2745.JPG

さらに進んで行くと白砂山へ向かう分岐が現れ、しばらく登っていくと白砂山の斜面へとたどり着きます。

白砂山は花崗岩の表面が侵食してできた場所で、向かいには今回のスタート地点のパノラマ台や羅漢山も見えました。

※侵食された表面は滑りやすいため注意が必要です。

DSC_2755.JPG

斜面には獣の足跡がありました。

自然観察路ではイノシシやシカ、クマなどの野生動物の目撃情報も寄せられています。

山歩きの際には鈴やラジオなど音が出るものを携帯していってください。

DSC_2789.JPG

分岐に戻ってしばらく下って行くと昔の炭焼き窯の跡を見ることができます。

この炭焼き窯の跡は自然観察路にいくつか残されていますが、林業が盛んだった頃にここで炭を作っていたようです。

DSC_2800.JPG

さらに下っていくと今度は白山(白砂利)の分岐点が現れます。ここも風化した白い花崗岩砂に覆われた場所です。

斜面からは太刀岡山や茅ヶ岳、鳳凰三山や甲斐駒ケ岳などのすばらしい景観が望めます。

※こちらも風化した表面は滑りやすいため注意が必要です。

DSC_2816.JPG

この日は各地で夏日を記録しましたが、山の中は涼しく、木漏れ日がとても気持ちよく感じられました。

DSC_2835.JPG  DSC_2847.JPG

木の階段を下り、またしばらく歩くとコンクリートで舗装された道に出ます。そこまでくればもうゴールはすぐです。

あまり休憩を取らず、早めに歩いて2時間ほどで獅子平の入り口まで下りることができました。

DSC_2848.JPG

今回はここまで戻ってきましたが、ここからスタートする場合は県道沿いに駐車場がありますのでそちらに車を停めてください。

 

連日続く夏日を避け、自然を満喫して健康的に山歩きを体験してはいかがでしょうか。

山歩きの際の注意

 天候が急変することもあります。また、イノシシやクマなどの野生生物も生息しているエリアです。次のことなどに注意して歩きましょう。

  1. しっかりした靴で登りましょう(はき慣れたものを)。 
  2. 雨具などの準備を忘れないようにしましょう。
  3. 鈴など音の出る物を携帯し、鳴らしながら歩きましょう(ハチなどにも注意)。
  4. 水、簡単な食料なども携帯しましょう。アメやチョコレートのように短い休憩時間でも食べられる行動食を用意しましょう。 
  5. 落石や滑りやすい場所に注意してください。コースの中には石や岩が多かったり、枯葉で覆われていたりして転びやすいところもあります。

 ※野生生物の目撃情報が寄せられています。必ず鈴など音の出るものを携行し、十分注意してください。

 

※ふる里自然観察路の詳しい情報は商工観光課まで問い合わせください。

商工観光課 055(278)1708