本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

陸前高田市への派遣職員報告会が行われました(まちできweb版 2016年4月26日)

2016年4月27日

東日本大震災の復興を支援するため、平成27年4月から平成29年3月まで甲斐市から陸前高田市へ派遣されている相川瑞穂主任(甲斐市職員)の業務報告会が行われました。報告会では、派遣から1年が経過し、復興の進捗状況や熊本地震における現地の支援活動などが報告ました。相川主任の現地での活動の様子は、広報甲斐3月号(4MB)で紹介しています。

 

派遣職員報告会1

相川主任は陸前高田市建設課に所属し、主に事業の予算管理や補助金関連業務を担当し、現在は津波で流出した橋梁の再建設に携わっています。

「派遣職員宿舎の裏山が切り崩され、高台の造成地になるのを間近に見て、この1年間、街の風景が変わっていくのを感じました。」

派遣職員報告会2

市長に現在建設中の橋梁について、説明する相川主任。

熊本地震については「地元の人(陸前高田市)は、熊本地震を見て東日本大震災を思い出し、ぞっとしたと言っていました。また、フェイスブックなどのSNSを使い、避難所の運営方法、避難所や仮設住宅での生活などについて、自身の経験を伝える活動をしています。」と報告がありました。

市長から「健康には十分留意し、順調に職務を果たすよう頑張ってください。」と激励の言葉がかけられました。