本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

敷島南ミニバスが「第47回全国ミニバスケットボール大会」出場に向け市教育委員会を表敬訪問(まちできweb版 2016年3月25日)

2016年3月28日

今年1月に行なわれた「第47回全国ミニバスケットボール大会山梨県予選」で見事優勝し、全国大会出場の切符を手にした敷島南ミニバスケットボールスポーツ少年団。

3月28日(月)から始まる全国大会を前に、6年生の代表4人が市教育委員会を表敬訪問し、県大会の優勝報告と全国大会での活躍を誓いました。

東日本大震災復興支援として行なわれる「第47回全国ミニバスケットボール大会」についてはこちら(公益財団法人日本バスケットボール協会特設サイト)をご覧ください。

 

敷島南表敬訪問1

勝村教育長から全国大会出場の記念品が手渡され、「大会を楽しんで、全国に『甲斐市』と『敷島南』の名前を広めてもらいたい」と激励を受けました。

敷島南表敬訪問2

選手を代表して徳井陽和(ひより)キャプテンから、「山梨県初となる優勝を目指したい」と決意発表がありました。

敷島南表敬訪問3

敷島南ミニバスケットボールスポーツ少年団は、広報甲斐平成27年11号「復活の山梨クィーンビーズ」の企画内でも紹介させてもらいました。

6年生にとってはまさに最後の試合となる大一番。1日でも長くメンバー全員で試合を戦い、最良の結果が出ることを祈っています。