本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談について

2016年4月1日

  DV(ドメスティック・バイオレンス)とは「配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力」のことです。

  DVは、配偶者間でだけ起こるものではありません。

  主に高校生や大学生など10代から20代の若い世代の間でも「交際相手(恋人)からの暴力」であるデートDVも増えています。

  DV・デートDVは犯罪となる行為を含む重大な人権侵害であり、たとえ配偶者や恋人、パートナーであっても絶対に許されません。

  DVにはさまざまな形態があり、DV、デートDVには主に次の4つの暴力があります。

 

  1. 身体的暴力 
    ・殴る、蹴る
    ・刃物などの凶器を身体につきつける
    ・髪をひっぱる
    ・首をしめる
    ・引きずり回す
    ・物を投げつける など
  2. 精神的暴力
    ・大声でどなる
    ・何を言っても無視して口をきかない
    ・人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
    ・大切にしているものを壊したり、捨てたりする など
  3. 経済的暴力
    ・借金を重ねる
    ・生活費を渡さない
    ・外で働くなと言う
    ・仕事を辞めさせる など
  4. 性的暴力  
    ・見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌をみせる
    ・嫌がっているのに性行為を強要する
    ・中絶を強要する
    ・避妊に協力しない など

 


  DVかなと思ったら我慢しないで相談してください。

  市では、平成27年度から身体的・精神的・経済的等のDVで悩んでいる市民の皆さんが相談できるよう、民間団体「女性の人権サポート くろーばー」による相談機関を開設しています。

  くろーばー会員が電話で相談を受け付け、必要があれば面談を行います。

  なお、対象は市内在住の女性限定で、相談の秘密は守られます。

 

 電話 080(7884)7829

 受付時間 土日祝日及び年末年始【1226日(月)~16日(金)】を除く毎日

        午前10時~午後6


 その他の相談機関はこちらです

 

 

お問い合わせ

市民活動支援課
電話:055-278-1704