本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

早春の梅の里を快走「第12回甲斐梅の里クロスカントリー大会」(まちできweb版 2016年2月28日)

2016年3月2日

梅の便りとともに甲斐市に春の訪れを告げる「甲斐梅の里クロスカントリー大会」。

おととしは大雪で中止、昨年はあいにくの曇り空での開催と、天候に恵まれない大会が続きましたが、今年は暖かい晴天のもと行われました。

今年で12回目となる大会には、2.5km、5km、10kmの各コースに17部門、市内外から約2,300人が参加し、健脚を競いました。

種目別の大会結果はこちらで確認できます。(テクネット・ロード情報局のページへリンクします。)

 

梅里クロスカントリー1

暖冬の影響で例年より1か月以上早く開花した甲斐敷島梅の里の「梅」。

白や濃いピンク色の満開の梅の花が大会の開催を祝い、ランナーを出迎えました。

梅里クロスカントリー2

選手代表の小宮山楽くん、修さんファミリーによる選手宣誓。

「転ばず、けがすることなく、無事に家に帰ること」「元気いっぱい、楽しく走ること」が力強く宣言されました。

梅里クロスカントリー3

梅里クロスカントリー4

午前10時、小学4・5・6年生の2.5kmの部がスタート。

ゴールまで残り約200m地点、一気に坂を上り、下るコースでのラストスパートに沿道から大きな声援が送られました。

梅里クロスカントリー5

梅里クロスカントリー6

続いて、午前10時30分に親子ファミリーの2.5kmの部がスタート。

仲良く手をつないでゴールします。

梅里クロスカントリー7

梅里クロスカントリー8

会場内西側からスタートする5kmコース。

高低差約100m、アップダウンの激しいコースの終盤敷島総合公園南では満開の梅がランナーを激励。

梅里クロスカントリー9

梅里クロスカントリー10

マラソンならぬ「クロスカントリー」の名に恥じぬ10kmコースの高低差はなんと約200m。

上り坂が連続する県内有数の難コースには、坂が好きでたまらないランナーのみなさんの挑戦をお待ちしています。

そして、一気に下りきった坂の後も最後の難所が待ち構えています。

梅里クロスカントリー11

10km一般・高校生男子の部に見事優勝した大沢正和さん。

優勝タイムは32分51秒でした。

梅里クロスカントリー12梅里クロスカントリー13梅里クロスカントリー14

今年も大会を盛り上げてくれた仮装ランナーのみなさん。 

梅里クロスカントリー17

梅里クロスカントリー16

終了後には各部門の表彰式が行われ、喜びの声が語られました。 

無事に今年の大会を終えましたが、また来年、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。