本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

ジカウイルス感染症(ジカ熱)について

2016年2月26日

ジカウイルス感染症(ジカ熱)にご注意ください

中南米地域を中心にジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。

ジカウイルス感染症は、妊娠中の感染と新生児の小頭症の関連が示唆されており、厚生労働省から妊婦の方は流行地域への渡航を控えた方がよいとの見解が出ています。

流行地域への旅行を予定している方は、下記のサイトなどで最新の情報に注意してください。

 

ジカウイルス感染症(ジカ熱)とは

デング熱およびチクングニア熱と同様に、ジカウイルスを保有した蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されることによって生じる感染症です。

 

潜伏期間・症状

2~12日の潜伏期間を経て、発熱、発疹、頭痛、骨関節痛、筋肉痛、倦怠感、結膜充血などを生じます。

症状は軽く、27日続いた後に治り、予後は比較的良好な感染症です。

ジカウイルス感染症は、感染しても症状がないか、症状が軽いため気づきにくいこともあります。

 

心配な場合には早めの受診を
 ・ 海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
 ・ 医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。

 

流行地域

アフリカ、中南米、アジア太平洋地域で発生があります。特に、近年は中南米及びその周辺地域で流行しています。

 

治療法

ジカウイルス感染症に対するワクチンはなく、特効薬もありません。治療は症状に対する対処療法となります。

 

予防方法

蚊を増やさない、家に入れない、蚊に刺されないことが大切です。

 

□蚊を増やさない

  ・蚊の幼虫は、水溜りから発生しますので、身の回りの水溜りができそうなもの(空き缶、バケツ、古タイ

  ヤ、プランターや鉢植えの受け皿等)に注意して、水を溜めないようにしましょう。

  ・蚊の幼虫の発生源を作らないように注意しましょう。

  ※蚊は水辺に産卵します。下水溝、植木鉢の水受け、溜池、その他水の入った容器など、人工的な環

  境下においても産卵し、増殖します。

 

□家に蚊を入れない

  ・窓に網戸をつけて、蚊を室内に侵入させない。

 

□蚊に刺されない

  ・蚊に刺されそうな場所では、長袖・長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等、肌の露出をなるべく

  避けましょう。

  ・蚊が発生しやすい場所には近づかない。(蚊は昼間は日陰に潜んでいます。庭の樹木を剪定し、風通し

  を良くすると蚊の潜み場所がなくなります。雑草が繁茂している場合も蚊は寄ってきます。)

  ・必要に応じて、虫除け剤等を使用するなど、屋外だけでなく、屋内でも蚊に刺されないよう注意しましょう。

 

海外渡航予定の方へ

海外滞在中にジカウイルス感染症やその他の感染症にかからないようにするためにも、下記ホームページを参考に、事前に正しい知識と予防方法を身につけておくようにしましょう。

 

関連リンク

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

厚生労働省検疫所FORTHホームページ(外部サイトへリンク)

国立感染症研究所ホームページ(外部サイトへリンク)

山梨県ホームページ(外部サイトへリンク) 

お問い合わせ

健康増進課
電話:055-278-1694