本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

山梨クィーンビーズ選手インタビューその3「背番号11 飯島選手編」(まちできweb版 2016年12月17日)

2015年12月18日

11月徳島県鳴門市で行われた全日本社会人選手権大会で3位入賞し、来年1月1日(金)から始まる全日本総合選手権大会(オールジャパン2016)への出場権を獲得した山梨クィーンビーズ。

選手インタビューその3では、女子バスケットボール日本一を決める本大会に向けての意気込みや今年1年を振り返ってなど、飯島早紀副キャプテンに話を聞きました。

全日本総合選手権大会(オールジャパン2016)の試合情報はこちらをご覧ください(公認財団法人日本バスケットボール協会のページへリンクします)。

 

飯島選手1

山梨クィーンビーズ(QB)入団のきっかけは。

「学生時代、チームの監督とQBの水上監督が知り合いでした。QBがチームを立て直すと聞き、水上監督からも前向きな言葉をもらったので、『関東実業団で基礎を作ってWリーグで戦いたい』と思いました。」

「入団してこの2年間は、Wリーグへの復帰を目指すという強い意志を持ったメンバーといっしょに戦えて、すごくいい経験になりました。」

飯島選手2

1年間を振り返って。関東実業団ではリーグ戦と選手権の2冠、全国大会でも上位入賞を果たしている。また、個人では優秀選手賞や12月19日(土)の関東実業団オールスター戦へも出場する。

「入団時は3、4人で練習していたことも経験しています。新入団選手が増えて練習メニューが豊富になったこと、練習拠点ができたこと、チーム内の競争が生まれたことなどが強くなれた要因だと思います。(個人賞受賞などは)周りのサポートがあっての受賞であり、個人としてはもっと質を高めていかないと思います。」

 

全日本総合選手権大会(オールジャパン2016)に向けては。

「組み合わせも決まり、モチベーションが上がってきている。女子日本一を決める大会に初出場することもあり、個人的にはとても楽しみにしている。(勝ち上がりで)Wリーグの中位と対戦するので、今の実力でどの程度通じるかを試してみたいです。」

飯島選手3

休日の過ごし方やファンへのメッセージを。

「練習終了後やオフの日も自主練習をしているので、ほとんど休みはないですが、わずかな時間で温泉やDVD鑑賞を楽しんでいます。(甲斐市は)いろいろなイベントに出していただき、チームをPRしてくれるのでとても嬉しいです。バスケの面白さやチームが頑張っている姿を見てもらい、バスケを知らない人にもまた見たいと思えるようなチームになりたいと思いますので、ぜひ試合会場へ足を運んでください。」