本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

山梨クィーンビーズ選手インタビューその2「背番号14 津田選手編」(まちできweb版 2016年11月19日)

2015年11月20日

山梨クィーンビーズ選手インタビューその2では、横井キャプテンから平成27年度関東実業団バスケットボール選手権準決勝、決勝のキーマンとして指名された津田史穂莉選手の声をお伝えします。

平成27年度関東実業団バスケットボール選手権大会の試合情報はこちらをご覧ください(関東実業団バスケット連盟のページへリンクします)。

 

津田選手1  

11月1日徳島県鳴門市で行われた全日本社会人選手権から大事な試合が続いている。

「全日本の試合では関東とはレベルが違うことを肌で実感した。準決勝、決勝に向けてチームのルーチンをしっかり守り勝利したい。」

 

準決勝は今年リーグ戦でのファイナルを戦ったメディセオが相手。

「勢いに乗せたら怖いチーム。リバウンドも積極的でセカンドチャンスでやられることも多いので、しっかりと守り、決めきることが重要だと思う。」

津田選手2

追う立場から追われる立場へ、選手層も厚くなりチームは変わりつつある。

「チームのレベルは確実に上がっているし、相手チームもWリーグに上がるチームを絶対に倒してやろうと必死になっているのは感じている。」

 

津田選手3 

来年度Wリーグへ復帰するチームの目標は関東の先、全国大会を向いている。

「関東実業団選手権はまず優勝が目標で、1月のオールジャパンに向けてテンションを上げ、さらに2月の全日本選手権では9月のリベンジを果たしたい。(広報11月号に掲載された)写真がとてもいい写真なので、また優勝できるよう頑張るので応援をお願いします。」