本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

山梨クィーンビーズが全国実業団選手権大会で準優勝

2015年9月18日

9月14日(月)、埼玉県深谷市の深谷市総合体育館で「全日本実業団バスケットボール競技大会」決勝戦が行われました。

この大会は、リーグ戦で好成績を残したなど、全国各地域の実業団連盟から推薦されたチームが出場し、上位3チームには10~11月に徳島県で開催される「第11回全日本社会人バスケットボール選手権大会」への出場権が与えられます。

山梨クィーンビーズは、12日(土)からのトーナメントを

 

1回戦 対日立笠戸 83-41

2回戦 対紀陽銀行 68-62

準決勝 対秋田銀行 80-72

※詳細はクィーンビーズホームページ(別サイト)を参照

 

の成績で勝ち上がり、決勝は九州地区の鶴屋百貨店を相手に戦います。

 

ティップオフ

スターティングメンバーは、8番・外村悠選手、11番・飯島早紀選手、14番・津田史穂莉選手、21番・近内瞳選手、23番・横井美沙選手。

いよいよティップオフです。

 

カットイン

ディフェンス

リバウンド

序盤は相手ガードのスピードに翻弄され、リズムを掴むことができず、一方的な展開に。

カットインなどで反撃を試みるも単発に終わり、第1クォーター終了時で9対22と引き離されました。

 

近内シュート

応援

飯島シュート

マーク

遠路駆けつけたファンも見守る中、第2クォーターはやや持ち直したものの、追いつくまでには至らず34対41で前半を折り返します。

 

監督

横井シュート1

後半は、横井選手を中心とした攻撃で、一進一退の展開に。

 

ドリブル

横井シュート2

フリースロー

じりじりと点差を詰め、試合終了直前には1点差まで迫りました。

しかし、決まれば逆転というシュートもリングに嫌われ、試合終了。79対84で惜しくも準優勝となりました。

 

集合

課題と収穫、両方を得た今大会。

この教訓を糧に、全日本社会人バスケットボール選手権に向けて再出発です。