本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

竜王南部公民館「館長の理科遊び」(まちできweb版 2015年8月6日)

2015年8月6日

竜王南部公民館で割れにくいシャボン玉を作って、手に乗せたり、お手玉遊びにチャレンジする公民館子どもふれあい講座が行われました。

講師はタイトルのとおり、館長の小尾平明先生。

この日のために事前準備を重ね、シャボン玉液づくりに試行錯誤してきました。

 

館長の理科遊び1

暖かい空気とつめたい空気の比重やシャボン玉の歴史などのクイズ遊びの後は「表面張力」の実験です。

館長の理科遊び2

コップいっぱいに水を注いだ後、1円玉を浮かばせてみます。

館長の理科遊び3

「大切なのは見るだけではなく、自分で作ってみること」

「実験の失敗は全然平気で、何度も繰り返すことが成功へ繋がる」と語る館長。

お手本として、シャボン玉のお手玉にチャレンジするも緊張のせいか成功しません。

館長の理科遊び4

気を取り直して、グリセリン、水、洗剤を混ぜ合わせてオリジナルのシャボン玉液を作ります。

洗剤は「界面活性剤」が35%以上入っているものがお勧めだそうです。

館長の理科遊び5

ストローの先をはさみで切って、できあがり。

館長の理科遊び6

最初は大きいシャボン玉作りに苦戦していた子どもたちも慣れて上手に膨らませます。

そしてこの日館長が成功しなかった、シャボン玉のお手玉に成功。

館長の理科遊び7

「何で弾むの?」「すごい!」と歓声が上がります。

館長の理科遊び8

最後は大きいシャボン玉にも挑戦。

夏休みの自由研究にも使えるシャボン玉作りの理科実験。

今年の冬頃には、理科遊びの第2弾を企画する予定だそうなので、ぜひみなさんも参加してみては?