本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

山梨クィーンビーズが関東実業団リーグ悲願の初優勝

2015年8月2日

二次リーグ全勝で優勝を飾る

 7月26日(日)、関東実業団バスケットボールリーグ二次リーグ最終戦が代々木体育館(東京都渋谷区)で行われ、山梨クィーンビーズ(QB)がメディセオに68対64で勝利。二次リーグを全勝し、見事リーグ初制覇となりました。

 今月24日(金)には来季2016年度からの最高峰Wリーグ復帰が決まったQB。9月に開催される全日本実業団バスケットボール競技大会でも上位進出が期待されます。 

 これからもみなさんの熱い声援でQBを応援しましょう。

 ※リーグ戦の最終結果、各種個人賞についてはこちらをご覧ください。

 

QBファイナル01

試合前のアップをこなすQB。

ファイナルの舞台は代々木第二体育館。

Wリーグ復帰が決まり最高の舞台で最終戦を迎えます。

QBファイナル03

前週末はリーグ戦、関東総合選手権県予選、Wリーグサマーキャンプの3連戦となったQB。

QBファイナル07

最終戦は一次リーグで苦しみながら勝利したメディセオです。

QBファイナル08

ジャンプボールでいよいよ試合開始。

QBファイナル09

QBファイナル11

QBファイナル12

一次リーグ初戦は敗れたものの、その後はリーグ戦を全勝したQB。

QBファイナル13

序盤はメディセオに攻め込み点差を広げます。

QBファイナル14

QBファイナル15

QBファイナル16

第1クォータを20対16、第2クォータを12対8と8点差で後半へ。

QBファイナル23

優勝目指してサブのメンバーも共に戦います。

QBファイナル18

水上ヘッドコーチから「相手を攻めきることが必要」と激しい檄が飛びます。

QBファイナル20

第3クォータは一転、メディセオペースに。

ボールをキープするも、攻め切れずゴールが遠ざかります。

QBファイナル21

戦況を見守るベンチ。

ジワジワと点差が縮み、第3クォータを終了して49対46の3点差に。

QBファイナル24

終盤は追いつき、追い越される展開。

この苦境を救ったのは3ポイントシュート。

QBファイナル25

残り約40秒で66対64の2点差。

さらに引き離そうとゴールに襲いかかります。

QBファイナル27

会場から勝利を祈って「Go! Go!クィーンビーズ」と「燦燦七拍子」の大声援が響きます。

QBファイナル28

試合を決定付けたフリースローの2ポイント。

これで68対64の4点差となります。

QBファイナル29

残り4秒。

QBファイナル30

試合終了の瞬間。

この瞬間、QBのリーグ初優勝が決まりました。

QBファイナル32

約100人を超える応援団と優勝の喜びを分かち合います。

優勝に沸く選手たち。

QBファイナル34

QBファイナル35

2013年10月、Wリーグへの参加見送り決定から昨年4月わずか選手8名でスタートした新生QB。

ここまでの道のりは決して楽ではありませんでした。

そして2015年7月、Wリーグ復帰決定をリーグ戦優勝という最高の形で締めくくりました。