本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

平成28年 新年の御挨拶

2016年1月1日

 明けましておめでとうございます。


 市民の皆様におかれましては、輝かしく希望に満ちた新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 今年は、申年。申年の申という字は「伸ばす」という字の原字になったという説があり、また中国の歴史書である漢書の一つには草木が伸びきり、果実が成熟した状態を表すとされています。
 今年は、合併後12年目の年。成熟した果実のように、実のある年になるよう願っております。
 

 さて、現在進めております平成27年国勢調査におきましては、市による集計では甲斐市の人口は7万4千人を超える見込みとなりました。前回平成22年国勢調査時の人口は、7万3千807人であることから、今回増加していることとなります。ここ数年、県内の市の人口推移をみても増加しているのは甲斐市だけであり、その要因につきましては、地理的条件に恵まれていることに加え、甲斐市の住みよさ、暮らしやすさが市民の皆さまに認められた結果と言えるのではないでしょうか。
 

 本年度から本格的に取り組みを開始し、昨年7月に策定いたしました「甲斐市バイオマス産業都市構想」については、全国11の自治体と共に、農林水産大臣から「バイオマス産業都市」の認定を受けることができました。この「バイオマス産業都市」は、環境にやさしく災害につよいまちづくりを目指すものです。今後、構想の実現に向け、事業地の選定や経費などの課題については国の施策と連動し、具体的に進めていきます。
 

 また塩崎駅周辺整備事業については駅前広場関係工事も本格化しておりますが、長期間の工事による周辺の通行止めなど、今後につきましてもご理解ご協力をお願いいたします。
 

 そのほか、4月からは、「第2次甲斐市総合計画」への取り組みが始まります。少子高齢化と人口減少、資源と環境制約への対応、厳しい財政下での市政運営などの課題の中、市民と議会、市との交流と協働の推進を軸として取り組んでいきます。
 第2次甲斐市総合計画基本構想では、5つの基本目標をたて、引き続き「緑と活力あふれる生活快適都市」に向けて、市民生活に密着した事業を推進していくものであります。
 

 これからも、知恵と工夫を凝らし、皆さまとともに「緑と活力あふれる生活快適都市」の実現に向け、全力で取り組んでまいりますので、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、年頭のごあいさつといたします。

 

 平成28年 元旦

                                                                                     甲斐市長 保坂 武