本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

平成25年度「緑のカーテン市民モニター」取り組み結果報告

2016年12月1日

甲斐市では、平成22年度から市民を対象に環境講座「緑のカーテンづくり講座」を実施しています。今年度は5月25日(土)に実施しました。

参加された46名の中から10名の方に市民モニターとなっていただき、緑のカーテンセットを提供し、緑のカーテンづくりに取り組んでいただきました。

市民モニターの方には、栽培の取り組み様子の写真とレポート(意見・感想)を提出していただきましたので、ご紹介します。

皆さんも省エネやCO2削減などの効果がある「緑のカーテンづくり」にぜひ取り組んでみましょう。

緑のカーテン市民モニター写真一覧

岩森地区 N様宅                      篠原地区 N様宅

岩森地区 N様宅 篠原地区 N様宅

 

下今井地区 M様宅                     西八幡地区 Y様宅

下今井地区 M様宅 西八幡地区 Y様宅

その他の市民モニター写真はこちら(286KB)

意見・感想

市民モニターから提出していただいたレポートの中から、意見・感想の一部を掲載します。

 

【緑のカーテンの効果】
◆緑のカーテンが日よけとなり、夏を涼しく過ごせた。
 
◆ゴーヤがあることで、見た目が涼しそうになって良かった。
 
◆緑のカーテンのおかげで、エアコンを数回程度しか使わずに済んだ。
 
◆緑のカーテンが、家の中に「涼」、ゴーヤの実による「食」、外観から「美」を届けてくれた。その上、節電効果もあった。
 
◆部屋の中は緑のカーテン効果で快適だった。また、ゴーヤの間にアサガオも植えたので、見た目が華やかだった。
 
◆猛暑を涼しく過ごすことができた。
 
◆通りからの目隠しになり、居間からの視覚的な癒しとなった。また、ずんぐりむっくりの実を見ると、心が安らいだ。
 
◆東南の位置に植えたので、緑のカーテンで強い日差しが遮られ、涼しい夏を送れた。
 
◆ネット全面に葉が茂って、日差しが和らいだ。
 
◆日にあたって、葉のグリーンがとてもきれいだった。
 【育てる際の工夫・苦労】
 ◆土の乾燥を防ぐため、プランターの下にブロックを置き、土の上にはわらを敷いた。また、米のとぎ汁をまいたりや追加肥料を行った。
 
◆追肥や水やりをこまめに行った。
 
◆苗が1mまで伸びた所で先端を切り、わき芽が伸びるようにした。
 
◆定期的に水や肥料を与えた。
 
◆水と肥料が適当でなかったためか、葉は茂ったがゴーヤが大きくならなかった。
 
◆幼子を育てるように、毎日顔を見てご機嫌をうかがいながら育てた。
 
◆木の台にプランターを置いた。
 
◆プランターの底に鉢底土を入れた。
 
◆摘心、誘引の仕方をどのようにしたらよいか不安だったため、インターネットで検索して参考にした。
 
◆追肥の間隔をあけてしまった。このことで、葉の色・実のなり方に違いがあったと思う。
 
◆根元にわらを敷いた。ただ、水やり不足か猛暑の影響か、根や茎が弱ってしまった。
 
◆花の咲いた時は甘い香り、つるの誘引の時は手に苦い香りが残り、可愛らしさを感じた。
 
◆葉がしおれたら、たっぷり水やりをした。
 【ゴーヤの実の利用】
◆ゴーヤチャンプル、サラダ、漬物などに使った。また、干しシイタケ入りゴーヤの佃煮は好評だった。
 
◆ミキサーでジュースにして飲んだ。
 
◆保存食用に佃煮にして冷凍した。
 
◆胡麻キンピラにして食べた。
 
◆惣菜とゴーヤ茶を作った。
 
◆毎朝ジュースにして飲み、夏バテもなく健康に過ごせた。
 
◆黄色くなったものはジャムにした。
 【その他】
◆緑のカーテン講座は、分かりやすく丁寧な説明で、とても参考になった。
 
◆今回は小さな実だったので、来年は元気でたくさんの葉や実をつけるように研究したい。
 
◆わらや腐葉土を敷くなどの工夫をしたい。
 
◆今年の反省点を生かし来年も是非緑のカーテンづくりに取り組みたい。
 
◆畑で栽培するよりも、プランターの方が管理が難しいのかなと感じた。
 

 


過去の取組結果はこちら

平成24年度「緑のカーテン市民モニター」取り組み結果報告
平成23年度「緑のカーテン市民モニター」取り組み結果報告
平成22年度「緑のカーテン市民モニター」取り組み結果報告

お問い合わせ

環境課
電話:055-278-1706