本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

木造住宅の耐震化を進めましょう

2017年4月1日

昭和56年5月以前に建てられた木造住宅の耐震化を進めましょう

甲斐市では大地震に備えるために昭和56年5月31日以前の旧建築基準法で建てられた木造住宅を対象に無料で耐震診断を行っています。
また、耐震診断の結果、総合評点が0.7未満と診断された木造住宅については、耐震改修工事などの補助金を利用することができます。

耐震化支援事業の対象条件

○対象者(申請者)の条件

本市の住民基本台帳に記載されており、自己の所有する既存木造住宅に居住し、市税の滞納がない人。


○対象となる木造住宅の条件

市内にある既存木造住宅とし、次の各項目すべてに該当するものが対象です。

・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・木造在来軸組工法で建築されたもの
・2階建て以下、延べ床面積300平方メートル以下の住宅
・長屋および共同住宅以外の個人所有の住宅(貸家は一戸建てでも対象外)
・併用住宅の場合は、延べ床面積の過半が住宅の用に供されているもの
・複数棟の住宅の所有者にかかる耐震診断は、主に居住の用に供している1棟とする

耐震化支援事業の流れ

  1. 事前相談をする。
    補助事業の対象条件の確認などを行います。
  2. 市で実施している耐震診断を申し込む。
    事前相談後、対象条件に該当している場合は申し込むことが可能です。
    耐震診断の実施の決定については、通知にてお知らせします。
  3. 耐震診断を受ける。
    市から委託された診断士が訪問し、住宅の耐震診断を行います。
    診断日については、診断士と相談していただきます。
  4. 耐震診断の結果報告。
    診断結果については、通知等でお知らせします。
  5. 耐震診断の結果を受け必要な場合は、耐震改修等の検討を行い住宅の耐震化を進める。
    診断の結果、総合評点が0.7未満と診断された場合は、補助事業が利用可能です。 

※耐震改修等の補助事業の利用を希望する人は、必ず事前にご相談ください。
   申請をしないで工事の着工または終了したものは、補助の対象にはなりません。

木造住宅耐震化支援事業の概要については、こちら

お問い合わせ

建設課
電話:055-278-1668